忍者ブログ

中国で釣り!!中国釣熱大陸

中国でヘタな釣りを楽しむ僕の記録。 出会った魚、ルアーや釣具紹介、釣行記など

ついに出た!香港の天然バラマンディ! ~香港釣行



「ズドン」


開始わずか5分、足元を探るベイソールミノーが回収軌道に入ろうかというところで強烈なバイト
至近距離で喰らったためか、驚くほど大きかったそのバイトの感触は、たぶん一生忘れる事はないと思います


距離わずか7、8mほど
大物特有のバイト後の一瞬の沈黙ののち、その魚はスタートを切りました
最初はドラグがジージー出るのをなすすべもなく見てましたが、
我にかえってやりとりを開始


なんだこれは?
まったくコントロールできないぞ...


魚の突っ込みのストロークがシーバスより長く、重い
いつものシーバスのリズムと違いますし、ぜんぜん寄せられない

いい加減手が疲れ、スレ掛りを疑い始めたころ、ふいに魚がジャンプ

「わォ。バラマンディやんか...」



ここからは超慎重になりました
ルアーを呑まれていたら5号のリーダーだと歯ですれてもたないのではとビクビクです
時間がかかりましたが、ようやく浮いた魚にネットを投入!




キャッチ!
ヒットルアー: モアザン・ベイソールミノー





香港の地元アングラーでさえ、人生で一度釣れるかどうかの超レアフィッシュ








これが天然バラマンディ!
堂々の77センチ(そら引きますよね)
釣堀で釣ることのできるバラマンディと違い、
黒金の体色に高い体高、ブ厚い唇。これぞ野生の風格って感じでまさにワイルド

こちらの釣堀もたまに大きいのはいますが、メジャーあてるとよくて70までですので、
厳しい自然でそれ以上に育ったこの魚の貴重さがよくわかります





うううううぉぉぉぉ...









大野さ~~ん! ありがと~~う! (カナモ風に)


ぶっといから重くてちゃんと持っていられない..
腕プルプル..





上あごの外側に一本だけハリ掛りしていました
口内のザラザラもすごく発達しています
呑まれてたら危なかったですね..


(こんなの釣れちゃったら今年の釣りはもう終わったな)と苦笑いしながらリリース


今年はいくつかポイントが消滅したり、釣れても小さかったり、
バラシ連発で4割ほどバラしてしまうなど不運が多かったのですが、
このサプライズの帳尻合わせだったのかもしれません
とてもうれしい出会いでした


もう満足でやりきった感十分でしたが、「本命」を狙うため続行


浮かれてしまって足元フワフワの雑な釣りになってしまいましたが
シーバスも無事キャッチできました



いつも厳しいけど、たまに幸せを与えてくれる釣りの神様に感謝です


■使用タックル
ロッド: 13 ラテオ86ML (ダイワ)
リール: 12 エクスセンス CI4+C3000HGM
    (ステラ・ショートダブルハンドル + セフィアBBノブ)(シマノ)

ライン: G-soul X8 アップグレードPE 1号 (YGK)
リーダー:トヨフロン スーパーL EX ハイパー 5号 (東レ)
ルアー: モアザン・ベイソールミノー(ダイワ)←バラマンディ
   : B-太(アイマ)←シーバス

.

PR

4月、5月連休シーバス釣行まとめて ~香港


4月と5月連休のシーバス釣行記です

1釣行目 巡回調査

1匹目、うーんちいさいなぁ


2匹目はさらにちっさ...

-----------------------------------------------
2釣行目 巡回釣行


結構引きましたし、いい体つきしてましたので
60あるかとメジャーを当てるも、3センチ足りず
釣れはしましたが釣れる条件がきつい感じでした

-------------------------------------------
3釣行目 広州から遊びに来たナカムーさんを連れて香港へ

まだあまりルアーに慣れてないということで
事前にいくつかのアクションを釣堀で習得してもらってました

開始2時間ほどが勝負かなと思い、スレないよう僕は最初見てましたが
バイトによる強烈な水があがったり、いい感じでアタるものの、ノらない
それでも天然の魚との対決感にえらく感動してくれてました


最後に釣れたのはチーバス君でした..本当はこれを無事キャッチするほうが難しいんですけどね
次はもっといいヤツが釣れてくれることでしょう

僕は途中から隣で開始し2ヒットも両方とも目の前でポロリ悪い見本...


--------------------------------------------------

4釣行目
この日は香港に入ってから雲行きが悪くなり、
やばいなぁーと思いはじめてました


一投目から反応はあったものの、ヒットまでにはいたらず、
ポツポツと雨が降り始め地面がぬれ始めたころにヒット

濡れた土で魚がドロドロに汚れてしまい申し訳ない事をしました
雷が鳴り始めたタイミングでバス亭には戻れたのでギリギリセーフでした

----------------------------------------------------------

5釣行目 風がかなり強く寒い日でした

強風でメジャーや替えスプールの入った袋が飛ばされてしまいあっという間に沖に消えました
結構ショックでしたが魚はなんとかヒット


55くらいでしょうか、丸々としてますね


----------------------------------------------------------
6釣行目

3時間ノーバイト
からの連続4ヒットの全バラシ(なんかおかしいな..)

確かめるためにワームに変えて軽くはじき気味にリトリーブ
この動き、シーバスなら食わないけどヤツらなら問題なく...あ、アタった!

これで心の準備はできたので
次のヒットでは速攻ゴリ巻き!有無をいわさずブリ上げ!


やっぱりターポンでした


2匹目はすこし型が良かったので測定

この日、シーバス君は現れてくれませんでした




いいポイント悪いポイントがはっきりしている今年ですが
遊んでくれた魚たちに感謝でした





中国エギングも好調なり ~深セン



シンセンで新鮮なイカを手に入れようか
ということでまたエギングにきました



水がきれいです
下のほうの岩まで見えるこの澄み具合は中国だとなかなかないのでテンション上がります
エギングは水が澄んでるかそうでないかで釣果がぜんぜん違うので
毎回この最初の水質チェックはドキドキします

潮汐表だともう潮が動いている時間のはずが30分くらい潮も特にうごかず
当初は沈黙も次第にアタリはじめました



2ハイ連続、カメラのレンズ保護扉が開ききってませんでした..



 
魚のように引きませんが、このイカが海面に浮いて見えてくる瞬間
この時間がなにより楽しい時間ですよね


三ハイ目は悪くないサイズ
ずっと引き出しで眠っていたエギ王JPで釣れました
(その後、香港爆風エギングの戦いにて惜しまれながらも戦死...)




計13ハイ
手のひらサイズ、足裏サイズ半々くらいでしょうか
大半が水平フォールからフリーフォールへストンと落としたときに釣れてくれる感じでした

澄んだ潮と気持ちのいい風が印象的なエギング釣行でした



次の投稿は香港シーバス釣行まとめて
(予告しないとまたサボりそう..)

大漁エギング ~香港


深センが調子よかったので香港にエギングにきました

香港のジャスコでお昼を食べてからポイントへ
一投目の途中、偏光を忘れているのに気がつきロッドを置いて、後ろのバッグへ

荷物に手が届くかどうかという所で
「ガタタタタッ」と音が
何事かと振り向くとラインが引っ張られてロッドが海へ向かって滑りだしていました

慌ててロッドに飛びついてアワセるも、空振り。「魚か?」とそのまま動かず待つ、
今度は右へラインがサーッと。これも空振り
しゃくりあげてフォールさせるとすぐに感触が。今度は三度目の正直で掛かりました



一投目からキャッチ
(競争相手多くて抱かずに持って逃げただけか?集団でいそうだな)


 

予想通りイレパクで15分で5ハイ目

(あはっ。もうなんでも釣れるねこれは)と
貴重なエギ王はケースにしまい中華エギ+デフレエギに交換

少しずつ立ち位置換えながら釣るとコンスタントに釣れてくれます





計18ハイ


釣るごとにサイズダウンしていくのが心残りでしたが
今年は時期が早まっているのか5月なのに良く釣れました


余裕を持って帰りたいので17時過ぎには納竿


8ハイ持ち帰り残りはすべてリリース

また遊んでくれることを祈って、バイバイ
遊んでくれてありがとう

寄り道エギング ~深セン



4月末、出先からの帰りに釣り場を通ったので深センで竿を出してみました

当初潮どまりで30分ほどはなにもなく過ぎたのですが
エギの抵抗が増えたなぁと感じ始めたころアタリが出始めました


1パイ目、ほとんどサイトでした


2ハイ目は1パイ目についてきたのが見えたのですが、すぐには釣れず
何度か投げていたらラインがピーンと動きました
ちっこいのでリリースしました


3ハイ目、どんな感じで釣れたか忘れました...メモもなし



4ハイ目中層にて
すぐ横でウキ釣りをしていた兄ちゃんに撮ってもらいました



5ハイ目も中層。このイカを吊り上げて陸に置こうとした瞬間に
「ブシッ」とイカ墨を発射、兄ちゃんのズボンにかかって大迷惑(汗)



洗うの大変なの知ってか知らないでか「気にしないで」とは言うのですが、
申し訳ないのでイカをあげるとバケツに入れてました
「墨吐くとすぐ死ぬからそっとしておいたほうがいいよ」とアドバイスするも
はじめてみる活きたイカに興奮でイジリまくってあんのじょう墨吐かれてました(笑)


暗くなる18時半撤収、2時間切る短時間で5ハイなら満足です
久しぶりに自分の食べる分として釣果を持ち帰ることができました

-------------------------------------------------

これ以降のエギングではイカ料理を作って楽しんでおります
すでに何種類も料理を作り食べましたので、また年末ころランキングにするとして、
今回は非常に簡単でおいしく、おもしろかった料理をご紹介



お好み焼き風イカの炒め物

3月に広州に行った際、日本人の友達夫婦のママ友が遊びにきており、
そのかたから教えてもらったのが「粉を使わないお好み焼き」

キャベツや肉など普通に炒めて、トッピングはお好み焼きと同じで仕上げると
生地がなくてもお好み焼きと同じ味になるという物
なんでも、炭水化物抜きダイエットのひとつとして家でもよくやるんだとか

簡単だし、肉でなくイカを入れてやってみたところ
食べた瞬間、「アハハハっ」と思わず笑い

これお好み焼きです
むしろ生地がなくなった分イカやキャベツがわかりやすくて
何食べてるかダイレクトにわかる感じです

ママ友さんからは「天かす、青ノリ、けずり節は絶対に入れて」と言われたので
香港のイオンでトップバリューのを買いましたが(←なんだか主婦っぽいなぁ)
確かにあったほうがより「らしく」なりますね

塩で下味つけたイカから先に炒め、キャベツと天かすを入れて火が通ったら
皿に盛ってそのほか薬味を盛り付けするだけ
粉を溶く手間も道具も不要、鍋ひとつで洗うのも楽ちん(←さらに主婦っぽいなぁ)

簡単に日本の味を楽しめるおかずだと思います


釣りも料理も感謝感謝


次の投稿は深センでこれならと香港でのエギングです

岩場のマングローブジャックを狙う ~深セン



昨年、深センのエギングでイカをあげて知り合った友達(創さんと呼びます)が
深センに引っ越したのなら釣りいこうかと誘ってくれました
何を釣るのかと聞くと、マングローブジャックだと言います
厳しいけど釣れる場所があり弟と行くとの事で、ついていく事にしました

初めて「本命ターゲット」として狙うマングローブジャックですが
シーバスの外道としてナイト・デイですでに80匹近くの釣果があり、相性はバツグン(笑)

とはいえ、パワーのある大型マングローブジャックを狙う装備は揃っておらず
しかたがないのでいつものシーバス竿にPE1.5号でやる事に




場所は消波の為の大きな岩が積んである場所でした
カメラが広角なので遠近がわかりにくいですが、消波のため大きい岩が多く
これを昇り降りして釣りするのかと思うとちょっと憂鬱...



こんなふうに所々にある、比較的平らな場所をみつけて釣りをします
ロングビルタイプのミノーやディープクランクなどで岩のカケアガリを巻くのが吉だとか

僕はロングビルミノーを持ってませんでしたが、外道とはいえさんざん釣ってれば
マングローブジャックの好む傾向はさすがにわかりますので自分なりの経験にてトライ



開始からしばらく経過し3人ともバラバラに釣っていたのですが、
突然「ドリャー!!」というような大声が聞こえてきたので驚いて遠くを見ると
創さんのMax60gのロッドがブチ曲がって必死に耐えている姿が

よく「ロッドがブチ曲がる」って表現みますが、実際はそんな曲がってないと思うんですw
でも今回はガチで「ブチ曲がって」ました
竿って意外と折れないんだなと感心しちゃいましたよ(笑)


岩を昇り降りして駆けつけてみると、創さんがハアハアいいながら岩にもたれ、
彼の前にはでかいマングローブジャックが転がってました


堂々の50センチ
これはお見事!!

50アップのマングローブジャックは初めてみましたが
ちょっと怖いくらい迫力ありました、うらやましい!



「ガンッ」

それまで何度となくルアーが岩に当たる感触はあったのですが、
このアタリ感触は岩とは違う「意思を持った」アタリ
(よーしキタッ)とあわせるとマングローブジャック特有の初速マックス突っ込み開始

(ムキーッ全然止められん!)あんのじょうドラグ大放出(笑)

創さんからは「ラインが出てると岩に突っ込まれるから自分から10m以内で釣るようにしろ」
さんざん言われていたにもかかわらず、岩を登り降りするのが面倒で30mほど投げてしまってました
それでも運よく最初は沖へ逃げてくれたので良かったのですが、
すぐに手前に突っ込んできて岩場でピタリと停止

ウンともスンともいわなくなってしまったので、いくつも岩を越えて反対側へ廻りこみ
(出てきて~)と引っぱるとズルズルという感触の後、魚が再び動き出します(喜)

マングローブジャックが怖いのはフッキングからの数十秒だけで
後はさほどではありませんので残りは余裕でランディング



潜られましたが運よくキャッチです

サイズは44センチ
残念ながら自己記録更新はなりませんでしたがスリル満点


13時、創さんの弟が車の車検に行くというので納竿
結局この2匹だけでしたが、9時なんて時間に始めるのではなく
もっと早い時間からやったほうが釣果も上がるきがするのですが
なぜ早い時間からやらないのかわからない...(笑)


ともかく、初めて対象としてねらったマングローブジャックでしたが
岩場で釣るという環境が新鮮で楽しめました


さそってくれた創さんと遊んでくれた魚に感謝です


次の投稿は好調のエギングです

深セン釣り仲間の会合?



いやー、よく雨が降りますね
広東地方も雨季になってしばらくしますが今年は雨量も多いようです

6月は半分以上深センを不在にしてまして更新もごぶさたしておりました
ついでにPCのハードディスクが故障し、いよいよまずいとOSを替えたので
新windowsがチンプンカンプンで立ち往生
10年前のPCなので新OSに対しスペックが追いつかず止まる固まるでムキーッと
慣れ親しんだPC環境はなかなか変えられないものですね...


さて、

釣行記もだいぶたまってますがそれは後回しにして
先週にあった釣り仲間の集会に参加しました

このところ中国は帰任されるかたが増加する傾向にあり
日本人は減っているのですが深センも例外ではありません

残っているメンバーで集まりましょうと
新しく赴任されたばかりのまささんも加えた残留組の初めての会合となりました



場所は羅湖ではなく南山
(この焼肉屋のとなりの店でした、なぜか店を撮ってませんでした)

深センの日本人は上海の古北や広州の天河のような居住集中地域はあまりなく、
散らばって住んでますので、どこから来ても結構な距離です
にもかかわらず、みなさん釣りの事ならと集合

この日一番遠かったのはバイブさんかSUZUKIさんかな
一時間以上の道のり、お疲れ様でした



「深」撰組 17 のメンバーにて記念写真

仕事の都合で2人ほど来られなかったのですが
平日にもかかわらず閉店まで釣りの話で盛り上がってしまいました

深センのメンバーは一匹狼型メンバーが多く、
それぞれが自分の釣りを楽しむスタイルですので
自分の知らない釣りの話が聞けてよい勉強になりました



さすが日本料理の老舗店、料理もおいしかったです
僕の住んでる地域には味千ラーメンすらないので自炊以外の日本食は久しぶり
(話に夢中で写真を撮ることを忘れ、ほぼ終わり頃の写真ですみません)


11時過ぎに閉店でお開き、あっという間に時間が来てしまいました
異国の地で出会え、同じ趣味を通して交流できる友人ができるというのは楽しいものです

また涼しくなったら集まりましょう



来週からは深センにいるので慣れないPCですが
ブログもちゃんと更新していくようにします(苦笑)




3月連休前エギング~香港




3月の下旬、広州に行く前に日本人の友達に連絡をすると
奥さんがイカを欲しがっているとの事だったので
新鮮なのをあげようと出発当日香港へ釣りに行きました


しかし、清明節連休直前でお供えを買うのか買出しカート持参のおばちゃんで満員御礼
家から釣り場までの列車やバス全てで座れず、4時間の移動時間全て立ちっぱなし

ランガンがいる場所はきつそうでしたし時間もなくなってしまったので
小場所だが1時間内での釣獲率2ハイ以上の実績ある鉄板居着きポイントへ
欲しいといわれたのはミドルサイズ2ハイ


けっこうな寒さでしたし、時間的に潮も効かない時でどうかなと思いましたが


一ハイ目は簡単に
少し小さいかなとは思いましたがチビッコではない
良く見るとフッキングしてませんでした、上げてからも全然離さない(笑)



シャクリの途中で少しひっかかった感じがあったのでゴミかと思えば
二ハイ目...だけどこれだとさすがにガッカリさせてしまいますね(笑)


ここから1時間、あと一ハイでいいのになかなか釣れない
場所が小さいので動く事もできず、ひたすらイカが巡ってくるのを信じてやり続け


やっと釣れました、友人の奥さんの話では810グラムだったとか
写真でもわかりますが当日はすごい霧で先がなんにもみえない状態、
空気も湿っているのか冷たかったです

帰りも座れないとさすがに疲れるかなとすぐに撤退
夜には広州へも無事着けました

実質2時間の釣りに移動時間を往復8時間以上かけてしまいましたが
なんとかその日獲れたイカを友達に献上することができ面目が立ちました

喜んでもらえてよかったです




プロフィール
HN:
アンディ(大陸改め)
性別:
男性
自己紹介:
中国広東省深セン市在住(16年までは広州市)
かつては相当な釣りキチ少年でした。小、中学生時は学校を終えるといつも川へ行き、図画の授業はいつも魚の絵ばかり。高校大学はバスやヘラブナに。ところが中国に来てからは釣りとは疎遠になっていました。そんな自分が釣りを再開。それも中国で。

可能な限りおかっぱりで釣りをする事にこだわってます。いつも遊んでくれる魚たちに感謝しつつ、日本とは違う魚や環境、中国の釣道具に一喜一憂しながらも楽しんでいます。
好きな魚種はシーバス、アオリイカです
メールアドレス
tairiku55@■mail.com(■をgにおきかえてください)
≪近況≫
暑くなってきたら釣行減ってきます..
ブログ内検索
参加リンク
バーコード
  Copyright 2017 中国で釣り!!中国釣熱大陸 All rights reserved.
Template Design by LockHeart|powered by NINJA TOOLS 忍者ブログ [PR]