忍者ブログ

中国で釣り!!中国釣熱大陸

中国でヘタな釣りを楽しむ僕の記録。 出会った魚、ルアーや釣具紹介、釣行記など

はじめてのボトムチニング ~深セン


ずっと考えていたもうひとつのチニング
トップの倍以上釣れるというボトムチニングをやってみました

出たり隠れたりの月がきれいな夜
読んだ本やDVDの知識を参考に、
日本から寄せたボンボンや自作リグで開始



暗い中ロッドから伝わる感触だけが頼りです

ズルズル
ズルズルズル

スピードや重さを変えたりトレーラーを変えたり
場所も転々で2時間経過

(お、おかしいぞ。まるでアタらない..トップより釣れるんじゃないのか?)
この釣り、おっそろしく単調で、
暗い中ひたすらゆっくりリールを巻くだけ
夜エギングのほうがまだ気分がまぎれます

途中何度かネガカリもあり、その度に数段ずつテンションが落ちる
予定の3時間が過ぎても無反応で気が滅入りそう

これ以上やるとバスが止まるのでどうしようかと思っていると、
ぶっこみのおっちゃんに、一時間したら帰るから市内まで乗せていってやると言われたので、
釣れたらあげるよと約束してもうひと頑張り


突然「カカカ」という感触が来てわれにかえる
アタリか?と思いながらも「アワセないで乗るまで巻け」というハウツーを思い出し、
そのまま巻き続ける

カカカッが、ガガガッになり、ゴゴゴッに
もうこれ乗ってるよね?
もう待てません、アワセるよーッ

あわせると魚が急に走りだしファイト開始
もううれしくてうれしくて
魚が釣れた事よりノー感じからの解放がうれしくて



無事キャッチ
な、長かったーッ!
4時間ひたすらズルズルつらかった!
ようやく釣れてその場にヘタり込みました



ズル引きシンカー、手巻きスカートに中華バ○○イ太郎の手作りリグ
浮力でもってフックを持ち上げるとネガカリも減ってよかったです


無事釣れたとはいえトップチニングより釣れるとはとてもいえない有様
意外だったのは狙い処のハードボトムが少なく
ほとんどが泥か砂のようなソフトな底質だったこと
釣れたのは確かに硬めの底でしたので
このあたりはまた研究したい所


おっちゃんにあげるとメチャクチャ喜んでくれ
市内までの帰り道で夕飯までごちそうになりました

釣れた魚とおっちゃんにありがとうの
ボトムチニングでした

PR

ニューロッドでトップチニング ~深セン



9月は外ばかりで5日しか深センにおらず
残念ながら釣りに行けたのはこの釣行だけでした

専用ロッド追加にバックファイヤーを補充完了、
万全の体制で暑いなか釣行です

さすがチニング専用ロッドは使いやすいですね
自分の思う入力とルアーへの出力がうまくかみ合うと表現したらよいのか
ポッピングミスも激減しドッグウォークも快適、軽量なので疲れません
思ったより柔らかいのが気になりますがそのうち慣れるでしょう



ニューロッド初入魂は残念ながらコトヒキ君でした
まとめて更新してるため写真は割愛してますが、コトヒキはよく釣れるんです



チヌの入魂一匹目は手のひらサイズのかわいいヤツでした


その後、遠投した先でモヤンとチヌらしい波紋が出るもアタックまでいかない

これまでこういう時に止めたりしてもその後がなくなってしまう経験から、
見なかったことにしてそのままポッピングを継続
10mほど進めてもなにもないので
(さすがにもうダメかな....)と思った瞬間に「ポン!」



2匹目をキャッチ
けっこうな距離をストーキングしてきたんだねキミは(笑)




何回投げてもそのつどペンシルにアタックしてくるやつがいる...
これはチヌじゃないなと思ってましたが、正体は25センチほどの大きいコトヒキ




もともと強かった風がさらに強くなってきたので
0.4号へラインを換えてもうひと頑張り

風波が立ってしまうこういう時にも安定度の高いバックファイヤーは助かります


波立つ水面からジュボッと出てくれてヒット
この日3匹目のチヌをゲット



新しいロッドの釣行では必ず釣れる僕のジンクスがあるのですが、
日差しが強く風もあるやりにくい条件のなか、
新しいロッドと補充したバックファイヤーが助けてくれました


あそんでくれたチヌ君たちに感謝です











8月のトップチニングまとめて ~深セン



8月チニングまとめてです


----------1釣行目

ロッドはモアザンにて出撃、前回は開始からエギングロッドが折れて試せなかったので
今回こそはと再びロングロッドで使いやすいロッドを考えます

すぐにヒットしたのですがアワセで結束抜け...
出発が遅れてしまい移動の車内でノットを組んだのがいけなかったのか...(泣)
これでバックファイヤーを失い、最初の釣行でも友達にあげてしまっていたので手持ちゼロ
どのロッドでもどの高低からでも失敗なくポッピングでき、かつ飛ぶので無くすの痛い...



しばらくしてキャッチ
シーバスロッドだと重くなるので細かい事がしずらいですね

切れ逃しが痛い1匹だけキャッチの日でした


----------2釣行目

再びバスロッドへ戻して出発
日射も気温もMAXの激暑の日、そんななか4時間頑張って竿を振りましたが


ち~ん
ノーバイトで終了

トップチヌで初のボウズ。けっこうショック
しかし、すれ違った男の子はチヌをぶらさげており、
ぶっこみのおばちゃんは2匹の型のよいチヌを釣ってましたから
魚はしっかりいたという事でつまり僕がヘタクソだったという事、トホホ



----------3釣行目


幸先よくキャッチ

この日はなぜか水がえらくクリアで一切の風もないため、
何度かチヌを見かける事ができました
追加釣果を捨て、今後のために見えチヌを相手にいろいろと研究

ルアー認識範囲やポッパーorペンシルの反応の違い
群れるのか単独か、回遊するのか留まるのか、何度も追うのかすぐやめるのか
等々ためして観察してみました
ルアーをロックオンしてきたら即回収して次を試すなどしていたため
その後はヒットありませんでしたが、予想外の傾向をつかめ収穫も多かったです



--------4釣行目

またもロングロッドに戻す、今度は軽いエギングロッドのセフィアci4+
さらにメインラインを0.4号にまで下げて飛距離をあげてみました


1匹目キャッチ



2匹目キャッチ


シーバスロッドに比べ格段に軽いから楽ですが、細かい事は少し厳しい感じ
メインラインは0.4号でもチヌの引きでは切れる事はなさそうで
0.4号で十分かなという感触でした



-------------------


これでチニングを8釣行を経験したのでこの経験を踏まえて...


専用ロッドを買ってしまいました..


買ったのはメジャークラフトのクロステージ・クロダイの782ML
ネットでみているとメジャクラのCRK-782MLが他を圧倒する人気のようで値段もお安いんです♪
これはそれを昨年リニューアルさせたCRX-782MLですが値段もほぼ同じ
メジャクラには上位種もあるのですが、チヌ相手は安いロッドで十分という自分にはこれでOK
8月下旬は日本でもチヌシーズン真っ只中、どこも売り切ればかりでした


暑いなか遊んでくれた魚たちに感謝

真夏のトップチニング 7月 ~深セン


今年の夏は香港でローカル釣法の「剛腕」ロックマングローブ釣法をしようかと考えてましたが
ドラグ力の強いリールがなく、また住居届のタイミングで夏は出国できなくなってしまい
あきらめてチニングをしておりました
下記は7月の3釣行です

---------------1釣行目

めちゃくちゃ暑い日でした
初回のチヌの引きからするとバス程度のパワーで十分
PE06号に下げてバスロッドのプライムゲートMLにて臨みました


いきなりの塩焼きサイズレディフィッシュ連発でビックリ



ポン!というシャンパンを抜いた音のようなバイト
一匹目はグレのような真っ黒の魚体でした



2匹目は水面がモワーンとなっただけで気がつくとルアー消えてました
てのひらサイズのちっこいチヌをキャッチ
この日は2匹の黒鯛に出会えました


---------------2釣行目

この日は小雨もすぐ晴れてしまい、蒸発した湿気が超不快な日でした
タックルは前回よりさらに下げてバスロッドのプライムゲートLにて
PE06号は変えずにリーダーを2.25号まで一気にダウンさせて
ペンシルやポッパーのレスポンスを上げました


雷が収まった直後、「ジュボーン」の音と魚体まで飛び出た派手なアタック
1匹目は超気持いいヒットでした、美しい魚体ですね



ボコン、で2匹目釣り上げたらおしりから黄色い排泄物を放出w
(僕がじゃなくてチヌがですよ、まぁ僕もちびってたかも)




ジュボン、とでかい音で出た3匹目
バタバタと走り回りなかなかあがらなかったのですが
サイズがよかったようで40を軽く超えてました
この日はどれか持ち帰りたかったのですが、3匹ともサイズがあったので断念


-------------3釣行目

今度はライン等を変えずロッドをメジャクラのエギング用パックロッドに変えて
飛距離向上と高所対応を試そうと思いましたが...


組み終わり、ドラグチェックをしようとしたら「キン」と軽い音で折れてしまいました
引越しの時にキズがついてたんでしょうか(泣)
70センチも折れたロッドでは無理だろとヤケクソに投げながら戻り始めると

「バボッ!」
(うっそー!このタイミングですか??)
ティップ部がない棒ロッドなので手元にガシガシ魚の首フリ衝撃が伝わって変に気持ち悪い(笑)



キャッチ後、折れたロッドと共に最期の勇姿を撮影、遺影になってしまいましたね
気持ちは死んでましたがロッドは死んでおらず?折れてもなお助けてくれました
移動の多い釣りを5年間助けてくれてありがとう、また買います



---------------------

いろいろなタックルを使用して楽しんだ3釣行でした
エギング時のラインパワーくらいで調度よい感じ
特に細いリーダーは、メインで使う、RAポップ、バックファイヤー、
フェイキードッグの操作を非常に楽にしてくれました



バイバイ、また遊んでね

暑すぎるし移動もあるので朝か夕のどちらか3-4時間しかできないのですが、
それでもぽつぽつと釣れてくれます
夏楽しめる新しい釣りに出会えたなという感想です、感謝

中国でチニング事始め ~深セン



「トップチニング」

正直この釣りが中国でできると思っていませんでした
トップに出る浅さのシャロー + 黒鯛がいること、かつ網やビリなどの漁場ではない
こんな条件がクリアできる場所は中国では厳しいなと考えていたのです

6月終わりごろ、友達に以前ネットショップで見かけた写真を見てもらいました
商品のジグヘッドと共に釣れたチヌが写っており深センにてと記されており、
そのジグヘッドは3g、これが事実なら割と浅い場所でチヌが釣れている事を示しています

その場所を知っている、というので7月に案内してもらったのです



ついた場所はかなり広い場所、
暑い日差しがつらいですがワクワクしますね!



ぱっと見るかぎり、かなり浅い感じで、いいあんばいにカキガラか貝ガラもたくさん
期待が高まります


ロッドはシーバス用のブランジーノでラインもシーバス用を使用も
チヌを狙った事がないのでポッパーをポコポコやりながらも、
「こんなんで本当にチヌが釣れるのか?」と懐疑的でした


途中もう一人加わって三人で釣りをするも特になにもなく、
10時を過ぎ照りつける日が肌をチリチリし始めたころ

突然「
ボシュ!」っと

(うわ出た!)と超ビックリ



なんの兆候もなくいきなりだったのでビックリアワセでしたがフックは刺さっており
記念すべきチヌ第一号キャッチです
いつもの赤いやつじゃなくて黒いやつです、うれし~い1匹



それからしばらくして、再び「ボシュ!」と
今後のタックル参考用に魚のヒキの強さ確認しながら寄せ、


無事2匹目キャッチ
同じくらいのサイズですね


このあとも続けてみたのですが、一切あたりもなく終了となりました



結局三人でこの2バイトのみでしたので、
魚がたくさんいるという感じではなかったですが
チヌをトップで釣るという新鮮な経験ができました
お礼にと釣れた2匹とヒットルアーのポッパーをプレゼント


楽しませてくれた魚と連れて行ってくれた友達に感謝です

次回投稿は7月トップチニングの3釣行まとめて
このところほとんど外ばかりで更新できずまとめて更新ばかりすみません...

プロフィール
HN:
アンディ(大陸改め)
性別:
男性
自己紹介:
中国広東省深セン市在住(16年までは広州市)
かつては相当な釣りキチ少年でした。小、中学生時は学校を終えるといつも川へ行き、図画の授業はいつも魚の絵ばかり。高校大学はバスやヘラブナに。ところが中国に来てからは釣りとは疎遠になっていました。そんな自分が釣りを再開。それも中国で。

可能な限りおかっぱりで釣りをする事にこだわってます。いつも遊んでくれる魚たちに感謝しつつ、日本とは違う魚や環境、中国の釣道具に一喜一憂しながらも楽しんでいます。
好きな魚種はシーバス、アオリイカです
メールアドレス
tairiku55@■mail.com(■をgにおきかえてください)
≪近況≫
だいぶ涼しくなってきましたね、暑さは苦手なのでよい季節です
ブログ内検索
参加リンク
バーコード
  Copyright 2018 中国で釣り!!中国釣熱大陸 All rights reserved.
Template Design by LockHeart|powered by NINJA TOOLS 忍者ブログ [PR]