忍者ブログ

中国で釣り!!中国釣熱大陸

中国でヘタな釣りを楽しむ僕の記録。 出会った魚、ルアーや釣具紹介、釣行記など

ついで釣行~シーバス・香港


仕事で深セン入りしたついでの釣行
出張先の深センから香港へ入り、翌日買い物などをしてから帰る弾丸釣行
もうそろそろエギング行きたいのですが、この日も雨予報でしたのでシーバスです

夜までテストでしたので香港入りは23時、トランクがあるので一番段差のないポイントを選択
そこに想定外の「ヤツ」がいました


久しぶりに登場のトニー君

「今秋冬シーズンどうだい?」と聞くとわずかに6匹との事、
君にしては貧果すぎるな..
最近は魚を求めいろいろ行っているという点では僕も同じでした

僕は移動の疲れも翌日の事もあるのでゆっくりやりたいのですが
トニー君は本気モードで釣りを再開


しかし、単発で出たシーバスの捕食音を聞きつけ、先に釣れたのは僕でした
調子を下げているここでの一匹はうれしいものです

一時間ほど経過、そろそろ移動して寝たいな...と思ってふとみると
トニー君のロッドが曲がっている「うそだろ..まだ釣れるんか?」


ちょっと違う魚ですが(笑)、貴重な一匹ですね
いつもながらただではすまさない男..感心


寝られる釣り場へ移動(笑)
ここは釣れないからついて行くというトニー君
トランクを引きずりながら移動です(このトランクは後日紹介しますね)

途中のレストランにて

僕が好きな麺をトニー君が食べ、トニー君が好きな麺を僕が食べるという
付き合ってるカップルのような注文の仕方で麺を食べましたw

よい機会なので少し勉強させてもらう事に

昨年、僕の釣りはバイブレーションの釣果が飛躍的に伸びたにもかかわらず
ソフトルアーでの釣果が激減し、わずか4匹とスランプへ

不振打開のため、もう少しパワーのあるワームを使いたいと考えており
香港のルアーマンが使うカーリーテールも試してみたく、アドバイスを受けることにしました


当日、彼はカーリータイプは携帯してなかったようですが
使っているジグヘッドとこの日もっていたワームです
ワームは一種ですが4タイプの重さを使い分けてますね、僕も同じ。これホント重要
ラウンドタイプを使うのは意外でしたね


僕がひとつだけもっていたカーリータイプをセットするトニー君

「カーリータイプは香港にあんまり売ってなくてさ...
これすごく良さげだけどゲーリー?ジャッカル?」と聞いてくるトニー君
小さな声で「ヨ、ヨシカワ...」と僕


 
オレセン到着して少しやりましたが、どうにも眠たくなって僕は寝る準備

こんなふうにロッドをたたんでトランクにしまいます
パックロッドは評価は悪いのですが、僕のような長距離移動の釣行者には神のような存在
特に外から見えないようにしまえるのはうれしいですね
長いロッドを出張先に持参して「仕事しろ、マジメに作れ」とか説得力ないですからね(笑)

オレセンにはある秘密の場所があって快適に(?)寝られます
少しやってから「帰りたくなったら帰っていいよ」と伝えて寝ました


朝起きてみるとまだねばってました
「ワンバイトもない...」(笑)
この日は深夜から20cmくらいしか潮が動かない日
彼がこの状態なら僕がやってもダメでしょうね、寝ててよかった

この後すぐ解散
僕は両替してスーパーで頼まれた買い物などをして帰路に



バスの時間まで少しあるのでデイゲームで流したら釣れました
えらくスリムな50センチくらい

楽しませてくれる香港の魚たちに感謝です


次回投稿は寒波の釣行、シーバスとやっといけたエギング釣行です

PR
Comment form
お名前
メールアドレス
URL
タイトル
コメント
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード
プロフィール
HN:
アンディ(大陸改め)
性別:
男性
自己紹介:
中国広東省深セン市在住(16年までは広州市)
かつては相当な釣りキチ少年でした。小、中学生時は学校を終えるといつも川へ行き、図画の授業はいつも魚の絵ばかり。高校大学はバスやヘラブナに。ところが中国に来てからは釣りとは疎遠になっていました。そんな自分が釣りを再開。それも中国で。

可能な限りおかっぱりで釣りをする事にこだわってます。いつも遊んでくれる魚たちに感謝しつつ、日本とは違う魚や環境、中国の釣道具に一喜一憂しながらも楽しんでいます。
好きな魚種はシーバス、アオリイカです
メールアドレス
tairiku55@■mail.com(■をgにおきかえてください)
≪近況≫
暑くなってきたら釣行減ってきます..
ブログ内検索
参加リンク
バーコード
  Copyright 2017 中国で釣り!!中国釣熱大陸 All rights reserved.
Template Design by LockHeart|powered by NINJA TOOLS 忍者ブログ [PR]