忍者ブログ

中国で釣り!!中国釣熱大陸

中国でヘタな釣りを楽しむ僕の記録。 出会った魚、ルアーや釣具紹介、釣行記など

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

上海でシーバスに挑戦! 後編 ~こごえながらのランガン



< 上海シーバス前編へ行く

たどり着けるかどうか心配していた8時ころ
一旦停車して窓を開けてみると、かすかに潮の香りがします
風は左から

「おばちゃん、左だ」
走る僕らの目に、やっと大きく広がる沿岸が見えてきました



「あ..これだ」
さんざん迷いましたが、運よくポイントへは一発で到着
しかも2人釣り人もいます

海側から吹き付ける風が強いので体感温度は低く、もうメチャクチャ寒いです
寒波が来ているため一昨日から温度は低下、気温は5度、水温は7.2度、潮は不明

おばちゃんは降りるやいなや「キャーッ」と叫んで
「こんな日は釣れないって、帰ったほうがいい」を連呼
広州から南国気分で来たのでかなりの薄着、普段つけないグローブもつけましたがやっぱり寒い


釣り人はエビでのシーバス狙いでまだ釣果なし

「ベタ底仕掛けでウキもつかうんだ?あんな飛ばす必要あるの?」と僕
「今の季節底しか釣れんし、あのあたりからカケあがってるからな、無理しても遠投しないと」
「水温7.2度?先週10度あったからまた急に冷えたな、こりゃ完全に底だ」

なるほど
遠投、ボトムね、じゃあ予想通り

調べてみると、水深は5m-5m-3m-1m-0.5mで手前浅く急に深くなる感じでしょうか
大きな石がゴロゴロしてるので気をつけないと

「寒すぎるよ、私ちょっと戻って家の様子見てくるから12時になったらまた来る」
「これ食べな」とおばちゃんがミカンを一袋


「えー!こんなにいらない、持ち歩くの不便すぎるよ」
「いいから食べて食べて」と無理やり押しつけられました

バイブレーションのボトム引きに絞って、1kmはある沿岸をミカンを引きずり投げ歩きます


水草か海草があったりする場所もあり面倒な事も


ボラのスレ

一時間経過したころ、ドンと重くなる感触から横へラインが走ります
けっこう重い引き、飛ばないけどこの引きはシーバスに違いない
と思っていたらいきなりラインブレイク、リーダーがスパッと切れてます
3号12ポンドを使っていたのでいつか切れる事もあるかと思ってましたがここで切れるとは!

あわてて4号に換えてしばらくすると今度はフォール着底直前に竿が曲がります
こいつはエラ洗いされた時になぜかPEラインからブツッと

何が痛いってバレてくれるのはいいのですがルアーまで持って行かれるのは痛すぎます
バーブレスにしてあるので魚からはそのうち外れるとは思いますが、サイフ的には厳しいです


その後反応ないので再び大きく移動
カケアガリに付いているのはわかりましたが、そこは同時にルアーの墓場でロスト覚悟
空も曇り雨も時おり落ちてきます、寒くて鼻水も流れます

今度はバイブレーションをカケアガリ付近で根がかり回避のため巻きを早めた瞬間にヒット!
エラ洗いされてしまい一瞬ヒヤッとしましたがなんとか岸に近づけ
ゴロタ石の上に乗ってハンドランディング準備体勢

む。なんかおかしい、体のバランスがとれん)

よく見ると腰のベルトにさっきの大量ミカンの袋がぶら下げてあります
きつく縛りすぎてなかなか取れないので、かなりあせりましたがなんとか手でランディング成功


サイズは50cmくらいの中型
手に水がついたのでもう冷たくて冷たくて、魚にくしゃみをひっかけてしまいました


それ以降1度2度アタリはありますが乗らず
根がかりで今回の「リミット」を超えたためワームにチェンジ

*注:リミットとは
あらかじめ設定したロスト数、もしくは価格のリミットを超えた時点で中華ルアーもしくはワームに強制的に切り替え、釣行後の喪失感を和らげるという経済的かつ環境保護的なシステムの事である
これを中国語で「掛地球的経済制限法」という ←ウソ

ちなみにこの日の設定は初めての場所でのボトムなのでリミットは広く5個か4000円

今回は底の状態わからず最終的にどちらも超えてしまいました (泣)


11時半におばちゃんが来て、
「たいへんだ。家を作りに来てる大工が昼飯がこないから仕事しないと言ってる」
「今からどこかで弁当買って、とどけないといかんからすぐ帰るよ」
とせかします

(飯ないから仕事しないって幼稚園児かよ...)

と思いましたがもうお昼だし、粘っても出る雰囲気で無いので撤収

あいかわらずおばちゃんの口は軽やかで
「後学のため」と家の工事現場も連れて行ってくれました



本当に大工が何もせず飯だけ待ってました
「大工の機嫌次第で家も良くなったり手抜きされたりだからね、おだてないと」
とはおばちゃんの話

施工中の家も見せてもらい、建て方の説明もしてくれました
かなり広い2階建て半の家が350万円だそうですよ、田舎とはいえ安いなぁ
釣りとは関係ないですが、こんな事も後々何か役に立つかも



なんとか釣れた上海の天然シーバス
今度はマズメからやってみたいものです

釣れてくれたシーバスと
おしゃべりなおばちゃん
そして釣らせてくれた上海のフィールドに
感謝

.

PR
Comment form
お名前
メールアドレス
URL
タイトル
コメント
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード
無題
おおーすげー。すごいっす。

上海でも釣れるんだ。てか いつも釣ってますよね。

私なんか釣行3回に1匹ですよ。坊主率70%(--;)

忘年会で色々教えて下さいね。もう坊主いや。
バイブ 2012/12/04(Tue)23:36:19 編集
Re:無題
>バイブさん

なにをおっしゃる!
ここまでどんだけ僕がボウズを連ねてきたことか!(笑)
そしてどれだけルアーを昇天させてきたことか(泣)
バイブさん、マツさんのおかげで楽しみやパターンがわかってきてありがたいです
感謝してます~

上海のここはたまたま良かったです
寒すぎて誰もいないし
うまい事回流のやつがいるみたいで一度あたるとアタリはけっこうありました
でも昼なのですぐみきられるのか「食いつく」感じでは無かったです
【2012/12/05 00:15】
無題
上海出張、お疲れ様でした!
ヤリましたね。明るいうちからでも釣れるモンなんですね。
そろそろボクも動き出します。
手始めにクララからですが、シーバスも狙ってますよ。
港太一 2012/12/06(Thu)00:21:04 編集
Re:無題
>港さん
お返事遅れましたすみません!
上海は寒かったです、ナメてました
シーバスは回遊してるやつはけっこう昼でもちゃんと釣れるようで、
ここは群れに当たれば割と釣れるような気がします
一箇所で待つエサ釣りよりルアーのほうが有利な気がします
でもクララには二連敗中ですのでなんとか顔を見たいものです
ご指導よろしくお願いします!
【2012/12/08 12:52】
無題
はじめまして。今年の3月から上海に赴任してます。
上海の海へ釣行5回行くも、全てボウズ。
まっ茶色の海で釣れる気もなくなってきました。
上海シーバスの釣り場を教えていただけないでしょうか??
おっしゃりたいことは分かります。
自分で探せ。だと思いますが、もし許されるのであれば
ご教授願えませんでしょうか?
よろしくお願いします。
pisa 2017/10/05(Thu)00:29:22 編集
Re:無題
Re: pisaさん

コメントありがとうございます
別途メールさせていただきました
ご確認いただけましたらと思います
【2017/10/07 00:47】
プロフィール
HN:
アンディ(大陸改め)
性別:
男性
自己紹介:
中国広東省深セン市在住(16年までは広州市)
かつては相当な釣りキチ少年でした。小、中学生時は学校を終えるといつも川へ行き、図画の授業はいつも魚の絵ばかり。高校大学はバスやヘラブナに。ところが中国に来てからは釣りとは疎遠になっていました。そんな自分が釣りを再開。それも中国で。

可能な限りおかっぱりで釣りをする事にこだわってます。いつも遊んでくれる魚たちに感謝しつつ、日本とは違う魚や環境、中国の釣道具に一喜一憂しながらも楽しんでいます。
好きな魚種はシーバス、アオリイカです
メールアドレス
tairiku55@■mail.com(■をgにおきかえてください)
≪近況≫
だいぶ涼しくなってきましたね、暑さは苦手なのでよい季節です
ブログ内検索
参加リンク
バーコード
  Copyright 2019 中国で釣り!!中国釣熱大陸 All rights reserved.
Template Design by LockHeart|powered by NINJA TOOLS 忍者ブログ [PR]