忍者ブログ

中国で釣り!!中国釣熱大陸

中国でヘタな釣りを楽しむ僕の記録。 出会った魚、ルアーや釣具紹介、釣行記など

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

釣具店紹介その13 西南漁具商城 -中国雲南省昆明市


釣りもしばらくしていないので特に投稿することも無く、
出張で行った昆明でみた釣具市場の紹介です

中国南西部の奥地にある雲南省、その省都の昆明市です
昆明はかれこれ旅行や仕事で4回ほど行ってますが、10年ぶり
帰りのお客さんの便が正午で僕のフライトは夜でしたので
時間つぶしに中国南西部最大と言われる昆明の釣具市場を訪ねてみました



中国によくある二車線の通常道路を歩いていると、突然現れます
正面から見た規模は広州の釣具市場と変わらないですね
平日という事もあってかお客はほとんどいませんでした


裏にはいると、意外に奥行きあります
ですが、わりと多くの店舗が閉鎖してしまっているようで歯抜けな感じ
かつては賑わっていたのでしょうか


ルアーブランドを看板に掲げるお店もあるのですが
ルアーはまったくといってもよいほどありません
昆明近郊には鯉やフナなどが釣れる場所が多いようで、延べ竿や練りエサが大半

あまり掘り出し物もなく、ピンと来ない感じの問屋街でしたが
時間をつぶすにはよい感じでした

--------

さて、店紹介時の恒例?その付近のついでグルメです

なにを隠そう、僕のライフワークは「中国各地の麺めぐり」でして、
この15年、中国のいろんな場所でご当地の麺を食べてきました


昆明で有名なのはもちろんこれ「过桥米线(橋渡りビーフン)」
有名な店でも上記のもの全てのセットで40元(右写真の副菜は2人分で写ってます)
食べ方や名称由来は有名なので記述しませんが、
今回はこれとは別の、この地方でしか食べられない少し変わった麺をご紹介



それは雲南名物の「餌」というモチ米で作られた麺です
釣り人なら反応してしまうネーミングですね(笑)


1杯8元、やはりB級グルメはこのくらいの値段でないとね(笑)
一見うどんのように見えますが、食べるとモチの食感です
スープも濃い味でうまかったです


上記二つは炒めたタイプ(右の写真は板状の餌です)
食感が活きるのでこっちのほうが向いている気がしました


昆明は暑いこの時期でも25度と非常に快適でした
ベトナム寄りのかなり奥地ですので訪問機会は少ないかもしれませんが、
周辺には景観のよい場所が数多くありますので観光におすすめです


■住所
西南漁具商城
住所 :雲南省昆明市福発路28号
営業時間 :営業時間18時ころまで(適当らしい)
休業日 :春節以外年中無休(勝手に休む事もあるとか)



PR
Comment form
お名前
メールアドレス
URL
タイトル
コメント
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード
無題
私は以年昆明の工場へ3箇月ほどヘルプに行っておりましてとてもなつかしいですね
当時は釣り道具など持って行きませんでしたが市内にこれだけの規模があるところがあるとはひまな時にみにいけばよかったと後悔しました
餌片の炒めたのは工場でもよく食べましたよ、ハラ持ちがよくて工員も朝から食べてましたね
帰任前にまたお会いできたらよいですね
kuni 2016/07/22(Fri)11:31:02 編集
Re:無題
>kuniさん

ご帰任近いんですね
アパレル関係だといろんな工場へ指導に出られるというのは本当なんですね
昆明までいかれていたとは驚きです

一度フナ釣りなどご一緒したかったのですが
なかなか機会ないですね..
【2016/07/25 19:47】
プロフィール
HN:
アンディ(大陸改め)
性別:
男性
自己紹介:
中国広東省深セン市在住(16年までは広州市)
かつては相当な釣りキチ少年でした。小、中学生時は学校を終えるといつも川へ行き、図画の授業はいつも魚の絵ばかり。高校大学はバスやヘラブナに。ところが中国に来てからは釣りとは疎遠になっていました。そんな自分が釣りを再開。それも中国で。

可能な限りおかっぱりで釣りをする事にこだわってます。いつも遊んでくれる魚たちに感謝しつつ、日本とは違う魚や環境、中国の釣道具に一喜一憂しながらも楽しんでいます。
好きな魚種はシーバス、アオリイカです
メールアドレス
tairiku55@■mail.com(■をgにおきかえてください)
≪近況≫
だいぶ涼しくなってきましたね、暑さは苦手なのでよい季節です
ブログ内検索
参加リンク
バーコード
  Copyright 2019 中国で釣り!!中国釣熱大陸 All rights reserved.
Template Design by LockHeart|powered by NINJA TOOLS 忍者ブログ [PR]