忍者ブログ

中国で釣り!!中国釣熱大陸

中国でヘタな釣りを楽しむ僕の記録。 出会った魚、ルアーや釣具紹介、釣行記など

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

若き香港アングラーの可能性 ~香港シーバス釣り



今回も香港です
トニー君のさそいで行った事のないポイントへ


香港にいくつもある避風塘と呼ばれる水上生活者のいる小さなエリアです
ときおりボイルもあるのですが、もうなにせロープだらけ
暗さもあるので分かってないと投げられない場所です

間違えて水上の船に当てて音をたててしまうと
にゅっと人の顔が出てきたり、犬が出てきてほえられたり
それでも全然あきらめずに投げ続けるトニー君ですが、
2時半にここを撤退、なんと5時間も費やしてました(汗)

どこへ移動するか考えましたが、以前下見だけして行った事がない運送港を提案
「えーっ、あそこは釣れたことないよ」とトニー君


到着
「ほらね、障害物は船3隻だけだしどう釣るの?」
「長い岸壁と潮目があるでしょ、日本だとこういう所も釣れるんだよ、とりあえず1時間」
「じゃ僕が足元壁際と潮目やるから、トニーはいつもどおり船と排水溝で」

手すりもなく歩行を阻害するものもない岸壁は、ロングテクトロには絶好の場所
1周目、反応なし、速度落としてもう一周、カスリもせず

反応ないので潮目前に来てルアーを選んでいると、トニー君がものすごい勢いで走ってきます

おぉ!!


70cmジャストのビッグサイズ、でかした!!

「釣れると思わなかったよー、良くこんな場所選んだネ、さすが!」
(いや、でも僕が見立てたのは壁際と外海の潮目だったけど...)

いつものマールアミーゴで釣ったのかと聞くと
「深センで買った25元のバイブレーション」わけの分からんルアーで釣りおって...

潮目打ち、壁際打ちと続けるもまったく反応無し


トニー君今度は船の近くから55cm
「さっきと同じ25元のやつで」

(ぐぅ。やっぱりストラクチャーにしかいないのか...)
日本のように沖や潮目にバーンと投げてドンと釣る釣りをやりたかったですが、あきらめ

すでに時間は6時、ずっと投げ続けるトニー君を無理やり引っ張ってオレセンへ
「オレセンは1匹も釣れた事ないから苦手なんだよ」と意外な発言

オレセン到着
leftyhamaさんが先に到着していました


しばらくしてようやく僕も一匹、57センチ
使ったのは中国メーカー「万路」の24元ミノー、さきほどテストして一番良かったもの
トニー君が画にこだわり、明るいところまで連れてかれてパチリ(笑)

トニー君を後ろから観察、彼の釣りは1場所でかなり粘るほうですが、
僕の経験上から、そこは通しても絶対ヒットはないという所は一切通しません
一回通しても首をかしげて、さっさと違うところへ
逆にホットなコースはなんども丹念に
「こんにゃろ、ほとんど来ないのにいいカンしてやがる...」

トニー君がラスト45cmを釣って終了(これまた25元バイブで)

僕はそこにいませんでしたが、写真を撮ってあげたleftyhamaさんの話では
魚をくれと言ってよって来た人がいたが、トミー君は断って放流したとか
そういえば、彼が2匹目を釣ったときも人が近づいてきたので
「魚くれって言われるんじゃない?」と言うと
「大丈夫、絶対に渡さない、放す」と答えていたのでした
彼は放流時の蘇生もかなり丁寧なのです

手に入れた魚は根こそぎ持ち帰ってしまう香港
魚資源の減少を憂い、自分たちの将来の魚を守るんだという
若きアングラーの姿がそこにはありました


「彼らを見てると、遠くない将来香港でもC&Rのゲームフィッシングが成り立つかもしれないね」
というleftyhamaさんの言葉に僕も同感

それにしてもミノーやソフトルアーを使い遅い釣りをしたくなるこの夜の状況で
いつもと違う20グラム超のバイブを使い速い釣りを考えるとは

トニー君、もう君に教えることはなにもない
教わることはあってもネ


若きアングラーからいろいろ学んだ1晩でした
魚たちと新しいポイントへ釣れて行ってくれたトニー君に感謝です


翌晩、もうひとつ釣行へ
そこでこれまで2回取り逃がしてきた、「謎の魚」の正体を知ることになります

翌晩の釣行投稿へ行く


.


PR
Comment form
お名前
メールアドレス
URL
タイトル
コメント
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード
ゲームフィッシングの可能性
どもども。この日の収穫は、このトニー君に出会えたことですね。香港でキャッチアンドリリースが常識になる日が来るということを確信できる素晴らしい日でした。だからこそ、ここに書いてあるように、写真にこだわるのですよね。私の近くで釣った時も走ってきて、携帯のバッテリー切れちゃったから写真撮ってもらえます?と言ってきて、えらくこだわるからどうしたのかなとおもったら、キープは魚そのものでなく思い出だということなのでしょう。私の目のまえでも、魚くれというおっさんをまるで無視してリリース。やや強引ンな無視かなとおもいつつ、尊敬するべき姿勢です。トニー君えらい!魚はつれなかったけどうれしい気分で帰路に付けました。
はま 2013/03/02(Sat)13:27:51 編集
Re:ゲームフィッシングの可能性
>はまさん
どうもです!
いやぁ絶対に来てると思ってましたよ(笑)
彼らの世代のルアーマンはほとんどが持ち帰らないし
なぜか蘇生方法も習得してますね
どんどん魚が減っていく中で自分たちの釣りを続けたいという思いが
彼らの世代にはちゃんと育っているようです
収穫ではなくゲームを楽しむという彼らに期待したいですね!
【2013/03/02 23:53】
無題
おおお~写真の場所は私も昨日教えて貰った場所に似てます。すげー羨ましいです。
地元アングラーは色々知ってますね。
シーバス70cmはいいなー。
バイブ 2013/03/04(Mon)13:53:22 編集
Re:無題
>バイブさん
ここは釣れない場所らしいです
というかちょっと遠いので地元の若い子たちには不人気みたいですね
しっかしオープンや壁際は釣れませんでした
意地になってストラクチャー狙わなかったですがコケました
【2013/03/04 15:40】
プロフィール
HN:
アンディ(大陸改め)
性別:
男性
自己紹介:
中国広東省深セン市在住(16年までは広州市)
かつては相当な釣りキチ少年でした。小、中学生時は学校を終えるといつも川へ行き、図画の授業はいつも魚の絵ばかり。高校大学はバスやヘラブナに。ところが中国に来てからは釣りとは疎遠になっていました。そんな自分が釣りを再開。それも中国で。

可能な限りおかっぱりで釣りをする事にこだわってます。いつも遊んでくれる魚たちに感謝しつつ、日本とは違う魚や環境、中国の釣道具に一喜一憂しながらも楽しんでいます。
好きな魚種はシーバス、アオリイカです
メールアドレス
tairiku55@■mail.com(■をgにおきかえてください)
≪近況≫
だいぶ涼しくなってきましたね、暑さは苦手なのでよい季節です
ブログ内検索
参加リンク
バーコード
  Copyright 2019 中国で釣り!!中国釣熱大陸 All rights reserved.
Template Design by LockHeart|powered by NINJA TOOLS 忍者ブログ [PR]