忍者ブログ

中国で釣り!!中国釣熱大陸

中国でヘタな釣りを楽しむ僕の記録。 出会った魚、ルアーや釣具紹介、釣行記など

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

二つの新PEライン到着



日本から届いたEMS、10日かかった前回と違い2日というスピードで到着
なにが違うのかといろいろ考えましたが、中国名っぽい宛名にしたのがよかったのか?

到着したモノの中に、期待する二つの品が

ラピノヴァXのPEラインの新カラー、ピンク 1.0号
新ライン、DUELのハードコアX4 5色カラー 0.6号




ラピノヴァXは現在メインで使ってますが、だいぶささくれたり短くなっているので
そろそろ交換の必要があり、新発売色のピンクを選択、夜間でも見やすくなりそうです




楽しみなのがこれ
5色のカラーのPEライン、0.6号なので、エギング用です

以前マツ君がマークのついたラインを使いエギングしているのを見て、
目で確認する事の多いエギングに、これはよさそうだと思ったのが最初ですが
このハードコアX4の5色が発売されてすぐに興味を持ちました


このライン、10m毎に色分けされ、1mごとに黒のマーカーがあります
現在の色とマーカー数をみるだけで出ているラインの長さが正確に分かるのです

僕が期待しているのは「距離の把握」です

1、飛距離がどれだけ出ているのか、色を見るだけで測定できる
2、どの距離でイカがアタったのか分かる
3、どのエギがどのくらい飛ぶのか測定できる
4、新チューンとチューン無しの距離の差を知りたい

いままで釣りをしていて、「なんとなく」だった距離把握が、
このラインを使用することで「可視化」する事ができると期待してます
「うーん、ここから20mくらいでアタったかな」より「23mでアタった」のほうがいいですよね

これらはアンカリングせず、潮の流れで絶えず動くボートからのエギングには不要な要素ですが
おかっぱりからのエギングには非常に重要な要素だと思うのです

移動できない分、正確なデータが必要
経験が浅い分、正確な数値的精度が必要
さらに、距離を目で知る楽しみの要素も加えられちゃうと


このライン、安いんです
0.6号の200mで2200円(PEラインは細くなるほど高価)、ネットの評判もそこそこ
正直ライン性能にはそれほど期待してません(それ以上にウデにも期待してませんが)


エギングは、今は時期的に活性も数も少ない時期ですが
少しでも助けになってくれたらなと期待をしています


.

PR
Comment form
お名前
メールアドレス
URL
タイトル
コメント
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード
プロフィール
HN:
アンディ(大陸改め)
性別:
男性
自己紹介:
中国広東省深セン市在住(16年までは広州市)
かつては相当な釣りキチ少年でした。小、中学生時は学校を終えるといつも川へ行き、図画の授業はいつも魚の絵ばかり。高校大学はバスやヘラブナに。ところが中国に来てからは釣りとは疎遠になっていました。そんな自分が釣りを再開。それも中国で。

可能な限りおかっぱりで釣りをする事にこだわってます。いつも遊んでくれる魚たちに感謝しつつ、日本とは違う魚や環境、中国の釣道具に一喜一憂しながらも楽しんでいます。
好きな魚種はシーバス、アオリイカです
メールアドレス
tairiku55@■mail.com(■をgにおきかえてください)
≪近況≫
だいぶ涼しくなってきましたね、暑さは苦手なのでよい季節です
ブログ内検索
参加リンク
バーコード
  Copyright 2019 中国で釣り!!中国釣熱大陸 All rights reserved.
Template Design by LockHeart|powered by NINJA TOOLS 忍者ブログ [PR]