忍者ブログ

中国で釣り!!中国釣熱大陸

中国でヘタな釣りを楽しむ僕の記録。 出会った魚、ルアーや釣具紹介、釣行記など

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

広州ブラックバス池 T君とルアー



今回は広州のブラックバスルアー池へ

お昼すぎからののんびり釣行です
休日ともあってすでに10人ほどのアングラーが

日本からもってきたグリフォンMR、TDバイブレーション、ウォーターソニックなど
少し小ぶりで動きのよいものに反応もよく
タタ巻きでも果敢にバイトしてきます

最近ローカルアングラーにも知った顔ができ
見かけると話しかけてみたりします
大半が20代か30代の男性
たまに彼女か奥さんらしき人も連れてきてますが、女性はたいてい観覧だけ


T君はもともとブラックバス池ができる前からの知り合いで
コロソマを狙いに広州の池に行ったときに出会いました
彼は広州の会社に勤める25歳、収入は3000元ほど(これ躊躇なく教えてくれます)

彼は地元アングラーの中では珍しくワームをあまり使わず
ミノーやスプーンを使って釣ります
みるからに安そうなルアーを使うのですが、これがなかなか
器用に動かしてバスを呼びます

「ルアーを覚えたのは自己流さ。ネットで見たアメリカの動画をみて興味が出て、
ネットで仲間を募って遊び始めたのが最初かな、それがいまじゃ100人いるよ」
「結婚には部屋を買わないといけないからね、あんまり釣具にはお金がかけられないんだ」

好きなブランドはアブガルシア「赤のカラーがいいでしょ」

ハードルアーを使うアングラーが少ないのであまり機会はないのだが
彼なら喜ぶだろうと僕の持っている日本のルアー(大半は中古ですが)を貸すと
「おー、これキレが違うね」「ウォブリングが違うなぁ」と関心しきり
「なんかフッキング率がすごく高い気がするね、かじっただけとかいうのが少ない気がする」
なるほど

「いつか日本でも釣りたいね。ネットの動画でいつも見てるけどあの雰囲気の中でやりたいよ」

そっか、日本での釣りは彼らにとって夢なんだなと思いました
自分も日本で釣りができることにもうすこし感謝しないと


最近は釣れたらカメラで撮って何で釣れたか、どこにかかったかを後でわかるようにしています
今日は23匹
派手なカラーよりやはりナチュラルなカラーにヒットが多かったようです

遊んでくれたブラックバスと
釣り場を作ってくれた地元アングラーに感謝




PR
Comment form
お名前
メールアドレス
URL
タイトル
コメント
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード
プロフィール
HN:
アンディ(大陸改め)
性別:
男性
自己紹介:
中国広東省深セン市在住(16年までは広州市)
かつては相当な釣りキチ少年でした。小、中学生時は学校を終えるといつも川へ行き、図画の授業はいつも魚の絵ばかり。高校大学はバスやヘラブナに。ところが中国に来てからは釣りとは疎遠になっていました。そんな自分が釣りを再開。それも中国で。

可能な限りおかっぱりで釣りをする事にこだわってます。いつも遊んでくれる魚たちに感謝しつつ、日本とは違う魚や環境、中国の釣道具に一喜一憂しながらも楽しんでいます。
好きな魚種はシーバス、アオリイカです
メールアドレス
tairiku55@■mail.com(■をgにおきかえてください)
≪近況≫
だいぶ涼しくなってきましたね、暑さは苦手なのでよい季節です
ブログ内検索
参加リンク
バーコード
  Copyright 2019 中国で釣り!!中国釣熱大陸 All rights reserved.
Template Design by LockHeart|powered by NINJA TOOLS 忍者ブログ [PR]