忍者ブログ

中国で釣り!!中国釣熱大陸

中国でヘタな釣りを楽しむ僕の記録。 出会った魚、ルアーや釣具紹介、釣行記など

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

広州ブラックバス接待釣り



先日釣り好きのお客さんが来ており、午前で訪問が終わった後一緒に広州バス釣場へ「接待釣り」へと出かけました

14時少し前に到着。気温は急に高くなった25度、水温24度
暖かいからか平日だと言うのに6人もの釣り人が


「平日なのにプレッシャーが厳しかとですねー」

このお客さん、博多弁がかなり強いのです
ときどき分からない言葉が出てきて聞き返す事も(笑)

普段は磯や船で海に出る事がおおいそうですが、バスもかなりやるらしくうれしそう
広州到着時に荷物ピックアップで左手を思い切りつき指したとかで指が痛いので
僕が変わりに仕掛けを作ります

客「ハードは指が痛いから巻けんとです、ワームでよかですよ」
僕「リグどうします?」
客「テキサスかキャロライナで」
組みなおしは面倒だろうとストッパーを使った可変式のテキサスリグを作り、ゲーリーグラブをセット

僕「こんなんでどうです?」
客「よかですね」

僕はクランク、お客さんはグラブのテキサスで池の入口側から始めます
数投目からお客さんがヒット、すぐまたもう一匹
「いやーよかですねー」と満足そう

このお客さん、見ているとかなり上手で、スイープフッキングもきれい


快調に釣れているお客さんの横で僕もクランクで2、3匹釣ってから
バイブレーションに変更すると調子良く釣れ始めます
特にTDバイブレーションと偽アミーゴが当たったようで順調
プリスポーンなのか活性はかなり高く、岸際まできて回収に入ろうという時にも、
エサに逃げられると思ったバスが突進してきてバイトしてくれます

客「いやー、よかです、おもしろかー」
僕「あれ?「よかバイ」とかは言わないんですか?」
客「あー、それは他県の人のイメージとです。よほど強調せんかぎり「~バイ」とか「~タイ」は今時少なかですね」

なるほど

客「でも「バイ」は出んでも「バイト」は出とるとですよ」

な、なるほど (ここは接待拍手を)

「よかバイト、よかバイト」
お気に入ったようで連呼しながらご機嫌で釣っていきます
どちらも絶好調なご様子、ひとまず安心

途中ハードルアーに反応が薄くなってきたので、僕も得意のインチワッキーにすると連発再開
不思議なことに中国人客にはほとんど釣れてません
中国人客の十八番のラバージグやダウンショットは当たり日ではないのでしょうか
僕らの好調を見て数人がリグとルアーをのぞきにきていました

途中アタリが止まると場所移動したり、ストッパーを動かしてキャロライナにしたり、
グラブからカットテールにしたりしながらお客さんも釣れ続け、
最後にトップで遊んで終了

お客さんはグラブとカットテールで30匹、僕はハードルアーで12匹、センコーのインチワッキーで10匹
二人合わせて50匹超、好調な接待釣りの釣果でした

満足したお客さん、
「半日で30か~、一年分釣ってしまった気分とです~。いやー、楽しかったバイ!」


あ、やっと「バイ」が出た(笑)


.

PR
Comment form
お名前
メールアドレス
URL
タイトル
コメント
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード
プロフィール
HN:
アンディ(大陸改め)
性別:
男性
自己紹介:
中国広東省深セン市在住(16年までは広州市)
かつては相当な釣りキチ少年でした。小、中学生時は学校を終えるといつも川へ行き、図画の授業はいつも魚の絵ばかり。高校大学はバスやヘラブナに。ところが中国に来てからは釣りとは疎遠になっていました。そんな自分が釣りを再開。それも中国で。

可能な限りおかっぱりで釣りをする事にこだわってます。いつも遊んでくれる魚たちに感謝しつつ、日本とは違う魚や環境、中国の釣道具に一喜一憂しながらも楽しんでいます。
好きな魚種はシーバス、アオリイカです
メールアドレス
tairiku55@■mail.com(■をgにおきかえてください)
≪近況≫
だいぶ涼しくなってきましたね、暑さは苦手なのでよい季節です
ブログ内検索
参加リンク
バーコード
  Copyright 2019 中国で釣り!!中国釣熱大陸 All rights reserved.
Template Design by LockHeart|powered by NINJA TOOLS 忍者ブログ [PR]