忍者ブログ

中国で釣り!!中国釣熱大陸

中国でヘタな釣りを楽しむ僕の記録。 出会った魚、ルアーや釣具紹介、釣行記など

日本一時帰国で毎月の基本料がいらない携帯を取得


海外滞在者にとって日本帰国時に携帯電話がないと不便ですよね
公衆電話もほとんどが撤去されてしまい、
外から電話をかけるというのも一苦労(中国もそうなってきてますが)
特に客先訪問や待ち合わせなどが多い場合、持ってないと逆に迷惑がられます(笑)

今回の帰国で新たに携帯電話を取得しました
「新たに」というのは、今までプリペイド携帯を持っていたのですが、
半年以上チャージや通話使用しないと番号を失う仕組みで、
今回は一年半も帰国していなかったため、番号を失効してしまっていたからです

今回取得したのはハナセルというアメリカの会社が発行する
「ジャパンSIM」というカードです

39ドルの取得費用が必要ですが、
月々の基本使用料が不要(5年目以降から年8ドルの維持費が必要)
使用しなくてもナンバーを永久に保持できる
受信は無料
SMSメール(相手の携帯番号へメールするタイプ)ができる
(ただし、S!メール(MMSメール)は送受信とも不可)

通話記録、代金をネットで確認できる(月1回の請求時)

などの利点があります
使用せずとも番号の永久使用ができるという点はうれしいですね
携帯間のメールやりとりもでき、毎月の基本料金を支払う必要もなく、
使った分の通話代だけを支払うので合理的
待ち受け専用とした場合、料金はかからない事になります


帰国にあわせて先に購入し実家へ送付
説明書とソフトバンク回線のカードが送られてきました
simカードは標準サイズのものでしたので、機種によっては切る必要もあるかも


僕が使ったのは白ロム状態のソフトバンク3G携帯本体
以前ソフトバンクのプリペイド携帯を使ってましたのでそのまま流用
中国の3G携帯でもチャイナユニコム対応携帯(W-CDMA対応携帯)なら使えるはず
(simロックフリーのiphoneもそのまま使用できそうです(simカードの切断が必要ですが)

通話を試してみましたが全く問題ありませんでした
家族もお客さんもソフトバンクが多いので、1時~21時の無料時間にかけてもらった場合通話無料になるのもうれしいです(こちらからかける場合は無料になりません)

通話料金が1分1ドルと通常の契約に比べ高め(0063発信だと0.85ドル)ですが
プリペイド携帯も同じようなものでした

ただ、ハナセルさんのページにもその旨注意事項が記載されてますが、
このカードを使ってのデータ通信は非常に高額なので使わないほうが良いようです
(アプリによって勝手に通信するものもあるので、僕はiphoneではなくガラケーにて使用しました)

※数字、金額は2014年10月現在のものです
 料金等はレートの上下で改定されるようです


次は、中国の業者を使い通話料を劇的に下げてみたという投稿を予定





PR
Comment form
お名前
メールアドレス
URL
タイトル
コメント
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード
無題
いいねコレ
オレもそんなに帰らないし毎回本社の携帯借りて
後で通話ごとの明細を私用公用でわけて経理に出してたから超めんどい。これって通話代もクレカで支払いするわけ?
たく 2014/11/07(Fri)12:25:33 編集
Re:無題
>たく
クレカ?クレジットカードの事だよね
クレジットカードでないとだめみたいで
アメリカか日本のカードでないとダメだったらしいのだけど
日本のクレジットカード持ってる?
【2014/11/07 16:40】
プロフィール
HN:
アンディ(大陸改め)
性別:
男性
自己紹介:
中国広東省深セン市在住(16年までは広州市)
かつては相当な釣りキチ少年でした。小、中学生時は学校を終えるといつも川へ行き、図画の授業はいつも魚の絵ばかり。高校大学はバスやヘラブナに。ところが中国に来てからは釣りとは疎遠になっていました。そんな自分が釣りを再開。それも中国で。

可能な限りおかっぱりで釣りをする事にこだわってます。いつも遊んでくれる魚たちに感謝しつつ、日本とは違う魚や環境、中国の釣道具に一喜一憂しながらも楽しんでいます。
好きな魚種はシーバス、アオリイカです
メールアドレス
tairiku55@■mail.com(■をgにおきかえてください)
≪近況≫
だいぶ涼しくなってきましたね、暑さは苦手なのでよい季節です
ブログ内検索
参加リンク
バーコード
  Copyright 2018 中国で釣り!!中国釣熱大陸 All rights reserved.
Template Design by LockHeart|powered by NINJA TOOLS 忍者ブログ [PR]