忍者ブログ

中国で釣り!!中国釣熱大陸

中国でヘタな釣りを楽しむ僕の記録。 出会った魚、ルアーや釣具紹介、釣行記など

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

キロオーバー釣果~香港おかっぱり夜エギング


前回投稿のエギング時、その前日に泊まった深センの健康ランドでカゼをひいており
釣行翌日日中は宿でカゼを回復させ夜のエギングへ

前日と同様に風の勢いはとまらず相変わらずの風速8-9メートル
ここまできたら一番釣り環境の厳しいところで限界を知ってみようと、
風表&波風の強い磯場ポイントへ


前回のナイトエギングはアクセスも足場も良く、明かりも多少ある所でしたが
今回は向かう道からして本当に真っ暗闇

予想どおり風は強く、波が寄せて足元も良くないという状況に大苦戦
岩の色が明るいのでロッド位置だけは分かるのですが、他は一切見えません
5投で3つのエギを失い、開始三十分ですでに涙目..


ようやく慣れはじめた所で一ハイ目キャッチ
心折れる寸前でしたが、これで気持ちが持ち直しました


二ハイ目
夜のイカって、警戒心がないからアタリはハッキリかと思ってましたが、
意外と居食いみたいなモゾモゾアタリばかりですね
感知してから送り込んでズシンとアワセる、これはこれで楽しい~


三ハイ目もモーンという感じのアタリ
少し送りこんでアワセると、「手応えアリ」
数巻きは何事もなく巻けましたが、やがて全然巻けなくなりロッドが倒され始めました
暗いので竿の曲がりもなんにも見えないですが、これはこれで妄想が膨らみます

手前に少し沈んだ岩がジャマして、差し出すネットもギリギリの距離
ガンガン寄せる波を顔面にまで受けながら、
(入ってくれ、入ってくれ、入ってくれ..)と波打ち際へネットを出すこと数回


でかい~二杯目と比べても別格のサイズ
胴長30cm(網枠は45cm)
こういうのが釣れるから、しんどい思いをしても頑張れます
ボートの力を借りて釣ってもここまでの感動はないでしょうね


でた。1.22キロ
2月に釣ったやつには及ばずですが、この時期からキロ超えが釣れるとは幸先よし

強い風と険しい場所で何度も波をかぶりつつもやり通せました
強風や暗闇での釣り方も習得でき、レベルも大きく前進した気もします
自己評価的には70点といった感じでしょうか

釣れてくれたデカイカ君らに感謝の釣行でした


次回投稿はシーバス釣行、釣行先は意外にも広州です

PR
Comment form
お名前
メールアドレス
URL
タイトル
コメント
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード
無題
え?イカの差し入れ届いてないけど?次は一夜干したやつをいれてくれるとうれしさ倍増
たく 2014/11/27(Thu)14:44:35 編集
Re:無題
>たく
さばいて持ってくの?しかも干し加工して?ちょっときつい...
【2014/11/28 09:28】
無題
最後の一行に反応。
広州でシーバス!?
はよ更新してやー。
バイブ 2014/11/27(Thu)19:13:10 編集
Re:無題
>バイブさん
まぁまぁあせらずに
どうせホゲ釣行やったし
バイブさんもたまにはホゲ釣行もアップしいな
グルメツアーのころが一番輝いてたかもしれんで
【2014/11/28 09:55】
無題
順調そうですね。
いつもPEは何号のラインを使われていますか?
Y.K 2014/11/29(Sat)11:30:37 編集
Re:無題
>YKさん
ご無沙汰しております
ラインは0.6号です
今年から8本ヨリに変えましたので非常に強くてよく飛んでいきますよ
【2014/11/29 15:24】
プロフィール
HN:
アンディ(大陸改め)
性別:
男性
自己紹介:
中国広東省深セン市在住(16年までは広州市)
かつては相当な釣りキチ少年でした。小、中学生時は学校を終えるといつも川へ行き、図画の授業はいつも魚の絵ばかり。高校大学はバスやヘラブナに。ところが中国に来てからは釣りとは疎遠になっていました。そんな自分が釣りを再開。それも中国で。

可能な限りおかっぱりで釣りをする事にこだわってます。いつも遊んでくれる魚たちに感謝しつつ、日本とは違う魚や環境、中国の釣道具に一喜一憂しながらも楽しんでいます。
好きな魚種はシーバス、アオリイカです
メールアドレス
tairiku55@■mail.com(■をgにおきかえてください)
≪近況≫
だいぶ涼しくなってきましたね、暑さは苦手なのでよい季節です
ブログ内検索
参加リンク
バーコード
  Copyright 2018 中国で釣り!!中国釣熱大陸 All rights reserved.
Template Design by LockHeart|powered by NINJA TOOLS 忍者ブログ [PR]