忍者ブログ

中国で釣り!!中国釣熱大陸

中国でヘタな釣りを楽しむ僕の記録。 出会った魚、ルアーや釣具紹介、釣行記など

夜通しガマンの一匹



エギング終了後、メンバーさんらは広州へ戻られましたが
僕だけが香港に残って夜はシーバスを狙いに香港のオレセンへ
釣りのダブルヘッダーです(笑)宿で仮眠し23時に起きる

香港のシーバスポイント中、釣果は心配だが一番近くてなんとなく土地勘のあるここを選択
水温19度、潮は下げ潮、水深は約3m-5m
現場は金融ビルの前、浮浪者風の人や、カップルでささやきあっている人がちらほら
釣り人はエサの人もほとんどゼロ
キスをしている「男同士」のカップルの横をロッドを持って通過・・・

■午前0時 
端の埠頭から開始
堰堤が5m、高い手すりもあるのでミノーではリップ角度が合わずにアクションしないので
シリテン、レンジバイブ、マールアミーゴといったバイブレーションを中心に船や壁際を狙い次々と投下
たまにミスったルアーが船にあたって「カコーン」と音を立てる
あたるたびに身を伏せて隠れて様子をうかがうもアタリなし

■午前1時
よく見ると所々に無数の小魚がいる
そこにルアーが突っ込むと小魚にあたってプルプルと振動
ベイトフィッシュいるところにシーバスもいる(はず)
精力的に投げ続けるも反応はゼロ

■午前2時
ボイル発見
20分ほどで10種類ほどのルアーを投げるも一切反応なし
ほどなくしてボイルは消えてしまう
この時点でポイントの8割を回りつくしている
センタービルの夜景を前に食事して気を取り直す

■午前3時
入港してきた船にルアーがかかり、ロスト
フローティングを使っていた運の悪さに自己嫌悪
手持ちの40種類のルアーの大半を投入するも一切変化なし

■午前4時
疲れと眠気でボーっとなり、
先端ガイドにルアーを巻き込むまで巻いてしまいわれにかえる事が続発
ミスキャストも増えてよく壁にあててしまう
反応はあいかわらずゼロ
自分が魚だったらもう寝てるな・・・

■午前4時50分
ここで奇跡が
湾の中心へ投げたSASUKEシャッドを巻いていると
突然「パチン」と感触がある


「あ、あたった!」

急に元気が出てきて数回投げるも反応は返らず
表層をゆっくり泳げてサイズも同じアスリートミノーへ変更

その2投目にきました
集中していたのでアワセも間に合いフッキング
中山の養殖タイプと違い、暴れる暴れる、さすが野生魚!
5時間一切アタリがなかっただけにランディングした後は歓喜の叫び声をあげてしまいました

測ると51cmのシーバス、中型だけどとにかく釣れた一匹
5時間ノーバイトからの一匹
大感動!

浮浪者が寄ってきて、それくれみたいな事を言うので
聞こえないフリをしてすぐ逃がしました


その後はアタリもなく、7時のフェリーに乗って帰宿
7時間でわずか2バイト1フィッシュ
もう途中で何度やめようと思ったことか
釣れてよかった・・・


世界有数の夜景と静寂の港
遊んでくれたシーバスに大感謝です


簡単に訳すと「釣具使用時はあぶないから他人に気をつけて」です
つまり、釣りしてもいいよって事です


ちょっと後ろを振り向くとそこは巨大ビル群。こんな釣り場は他にはないでしょうね





PR
Comment form
お名前
メールアドレス
URL
タイトル
コメント
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード
プロフィール
HN:
アンディ(大陸改め)
性別:
男性
自己紹介:
中国広東省深セン市在住(16年までは広州市)
かつては相当な釣りキチ少年でした。小、中学生時は学校を終えるといつも川へ行き、図画の授業はいつも魚の絵ばかり。高校大学はバスやヘラブナに。ところが中国に来てからは釣りとは疎遠になっていました。そんな自分が釣りを再開。それも中国で。

可能な限りおかっぱりで釣りをする事にこだわってます。いつも遊んでくれる魚たちに感謝しつつ、日本とは違う魚や環境、中国の釣道具に一喜一憂しながらも楽しんでいます。
好きな魚種はシーバス、アオリイカです
メールアドレス
tairiku55@■mail.com(■をgにおきかえてください)
≪近況≫
暑くなってきたら釣行減ってきます..
ブログ内検索
参加リンク
バーコード
  Copyright 2017 中国で釣り!!中国釣熱大陸 All rights reserved.
Template Design by LockHeart|powered by NINJA TOOLS 忍者ブログ [PR]