忍者ブログ

中国で釣り!!中国釣熱大陸

中国でヘタな釣りを楽しむ僕の記録。 出会った魚、ルアーや釣具紹介、釣行記など

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ベイトリール、バスワンXTを購入




仕方なく買ってしまった


というとメーカーさんに失礼だと思いますが
今回はちょっと後ろめたさを感じる買い物でした

シマノのベイトリール、バスワンXTとバスワンRのベイトロッドを購入です

もともと日本では中学時代にベイトを買い、ずっと使っていたくらいですのでなんとか使えますが
こちらで釣りをするようになり「スピニングで十分だな」と考え
エギやら投げ釣りやらのタックル購入の予算の関係もあるのでベイトには手を出していませんでした

なによりPEラインに衝撃を受け、これを使う釣りがしたいのに
通常はPEラインを使わないベイトリールを持つ意味があるのかと


しかし、買ってしまった


なぜかというと、中国流で言うところの「面子(メンツ)」ですね…

中国人の相手への判断基準ってのは単純で「見た目」「物」「結果」です
良い服着ている、いいもの持ってる、カネ持ってる=できる人
外見・カネが第一で結果が全て、過程や努力だけではほとんど評価されません


釣りだってまず形から入ります
ベイトリールのセット買って、フィッシングウェア買って、キャップ買って、、

そうです、ここ重要です「ベイトじゃなきゃダメ」なんです
「携帯はiphoneでなきゃダメ」と同じかな
スピニングを使う=かっこ悪い、初心者?みたいな扱いです
まぁ日本でもそういった傾向はありますが、こちらはもっと顕著です


ベイトタックルなら普通はハードルアーを使用するかと思います
ところが、中国アングラーはハードルアーは難しいし釣れないからワームです
ベイトタックルにワーム、これが多くのスタイルです
通常、ワームなどのライトリグなら飛距離の勝るスピニングのほうが向いているでしょう
ベイトでダウンショットリグを投げ「神主スタイル」でシェイクを入れるのが彼ら流


彼らと交流が増えるにつれ、いっつも言われるのが
「なんでフィッシング先進国日本のキミがスピニングなの?」という質問
スピニングのほうが楽だし応用が利くと何度言ってもわからんようです
日本人なら釣り知ってるし普通はベイトだろう、みたいなイメージでしょうか


それがあまりにひどいので、見下されないためにというか、
彼らと話をする上でもと、正直メンツ重視で買ってしまいました


しかし、このベイトリールという「ブツ」のフォルム、ギア好きにはたまらない吸引力を感じます
普及機種なのに?と言われるかもしれませんが、この形は所有欲を満たすに十分な形です
昔と違い今は遠心力ブレーキなるものもありますし、楽しめそうです
さっそくいらなくなった古いPEで「軽量化下巻き」してフロロを巻きます

「へへ、やっぱベイトリールはかっこいいや」
が、正直な感想です
でも釣りの幅は広がりそうです

さーて、練習するかー
ベイト持っててもバックラッシュばかりじゃメンツも保てないからなぁー

.

PR
Comment form
お名前
メールアドレス
URL
タイトル
コメント
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード
プロフィール
HN:
アンディ(大陸改め)
性別:
男性
自己紹介:
中国広東省深セン市在住(16年までは広州市)
かつては相当な釣りキチ少年でした。小、中学生時は学校を終えるといつも川へ行き、図画の授業はいつも魚の絵ばかり。高校大学はバスやヘラブナに。ところが中国に来てからは釣りとは疎遠になっていました。そんな自分が釣りを再開。それも中国で。

可能な限りおかっぱりで釣りをする事にこだわってます。いつも遊んでくれる魚たちに感謝しつつ、日本とは違う魚や環境、中国の釣道具に一喜一憂しながらも楽しんでいます。
好きな魚種はシーバス、アオリイカです
メールアドレス
tairiku55@■mail.com(■をgにおきかえてください)
≪近況≫
だいぶ涼しくなってきましたね、暑さは苦手なのでよい季節です
ブログ内検索
参加リンク
バーコード
  Copyright 2019 中国で釣り!!中国釣熱大陸 All rights reserved.
Template Design by LockHeart|powered by NINJA TOOLS 忍者ブログ [PR]