忍者ブログ

中国で釣り!!中国釣熱大陸

中国でヘタな釣りを楽しむ僕の記録。 出会った魚、ルアーや釣具紹介、釣行記など

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

炎の2日間その②



昼間のエギングから直接ここへ
直射日光にやられた頭がガンンガンします

ここは香港有数のシーバスランカーポイント
僕は過去3回挑戦し、いずれもノーバイト、ノーフィッシュ
今回は徹底的にこの場所を調べてやろうと、調べやすい最干潮時間にエントリー
なんとか明るいうちに着けたので、さっそく「作業」開始


20グラムのオモリとエギング用の5色ラインを使い、距離、水深を測定
本当は15グラム程度がいいのですが、潮の流れが想像以上に速いので
これくらいないと流されて話にならないのです

ポイントになるであろう場所20箇所をひとつひとつ
場所が広いのと岩の足場で移動が不便、3時間も使いました



埠頭には大量のエサ釣り師が何本も置き竿や手釣りで完全占領
パチンコ屋状態で入るスペースすら無し
1人で平均2竿+手釣りで80cm間隔でズラリ(泣)、「お一人様1本まで」にしてほしい...

話しをしたことがあるエサ師の兄ちゃんがいたので、ちょっとだけ空けてもらって測定だけ


「ワーッ」という声がして人だかりが


50cm弱のターポンが釣れてました


後半はできそうなポイントをまわって実釣へ
潮の流れの速いこと速いこと
悪いことに岩ですべり、片足を海に突っ込みズボンは尻まで濡れ濡れ
これでモチベーションは急降下

「そっか明日もエギングだよ。うん、早く帰らなきゃね」
と都合のよい理由が不屈の精神を打ち負かしました

「ごめん、バイブさんキムさん、軍曹は負傷退却するよ」
と心の中であやまりながら駅まで戻ったのでした


ここでランカーが上がるパターンは想像できるのですが、
この時期は状況がそれをさせてくれないでしょう
ここからシーバスを釣るのは、今のウデと状況ではまだ無理かもしれないなと、
宿へ帰る電車の中で、濡れたパンツを履いた僕は思ったのでした



次は翌朝、炎の連続釣行の3釣行目!
一晩では乾かなかったズボンを炎天下の太陽で乾かすべく、
翌日も太陽の下、朝から新場所でのエギングへ出撃!


.

PR
Comment form
お名前
メールアドレス
URL
タイトル
コメント
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード
無題
お疲れ様でした!ナイスファイトです。
いやーもうあそこ7回連続坊主っすよ。

SUNDAYアングラーが行く場所じゃないような気がしてきました。
やっぱオレセン・オレクンでやった方が楽しい。
秋に再挑戦しましょ。

バイブ
バイブ 2013/06/04(Tue)13:47:09 編集
Re:無題
>バイブさん
ここは待ちの釣りになりますからね
運だのみの部分がけっこう大きいと思います
まぁ第一にポイントへ入れんってのが大きいです
【2013/06/04 17:58】
プロフィール
HN:
アンディ(大陸改め)
性別:
男性
自己紹介:
中国広東省深セン市在住(16年までは広州市)
かつては相当な釣りキチ少年でした。小、中学生時は学校を終えるといつも川へ行き、図画の授業はいつも魚の絵ばかり。高校大学はバスやヘラブナに。ところが中国に来てからは釣りとは疎遠になっていました。そんな自分が釣りを再開。それも中国で。

可能な限りおかっぱりで釣りをする事にこだわってます。いつも遊んでくれる魚たちに感謝しつつ、日本とは違う魚や環境、中国の釣道具に一喜一憂しながらも楽しんでいます。
好きな魚種はシーバス、アオリイカです
メールアドレス
tairiku55@■mail.com(■をgにおきかえてください)
≪近況≫
だいぶ涼しくなってきましたね、暑さは苦手なのでよい季節です
ブログ内検索
参加リンク
バーコード
  Copyright 2019 中国で釣り!!中国釣熱大陸 All rights reserved.
Template Design by LockHeart|powered by NINJA TOOLS 忍者ブログ [PR]