忍者ブログ

中国で釣り!!中国釣熱大陸

中国でヘタな釣りを楽しむ僕の記録。 出会った魚、ルアーや釣具紹介、釣行記など

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

香港エギングで昨夜のうさ晴らし



前日晩のシーバスはバイトすらなく悲しい結果でした

が、昼の用事まで時間があると見て朝からアオリイカ釣りへ出撃
香港島深浅水湾のおかっぱりエギングです
今回の指令は、宿のオーナーさんへのお土産を釣る事

前回は8匹釣れたとはいえコロッケサイズ中心でリリースばかり
今度は食えるサイズを釣らなければ!

現地着は8時少し前 潮止まり、水温26.1度
まずはワンド先端の突き出たところから
風がかなり強い(泣)
1時間ほどなにも動静なし
さらに1時間。移動しながら探るも何の気配もない

「あちゃー。エギング釣行はじめてのボウズか…」
岩場から波堤付近で少し深くなっているところで
よく釣れているアオリーQの3.0号レッドを投入

「ムズッ」
という小さなアタリ
やっと一匹。またもコロッケサイズ
「・・・・まあなんとかボウズにはならなかったか」

少し浅いようなので比重軽めのヤマシタのオレンジのエギへ変更
足元にちっちゃなイカがいるのを発見
落とし込むと寄ってきたのだが、エギ手前でいきなり墨を吐いて逃走
「なんだろ?」とよく見ると50-60センチくらいのダツ
5匹ほど回遊していてこいつらがイカを追い払っているのでしょう

帰宿まであと30分
少し大きく移動して沖へ遠投
着水後すぐのスラックジャーク後のフォール待機時に

「ババン」
という今まで体験したことない大きなアタリが

あわせるも乗らず
「しまったー、油断したー」(泣)
まだ追いかけてくるかもとそのまま継続すると
またも「バン」とあたってきた(喜)

今度は落ち着いてあわせることができたものの
けっこうな引きで抵抗する

「こりゃでかいかも」
慎重に寄せると、さほどでかいわけではなく400-500gほどのアオリ
足だけのバンザイ掛りだったためかなり引いたのだと判明
うん、刺身にするにはちょうどいい大きさのお土産サイズ!

11時には納竿
思えばエギングはいつも3時間くらいしかやれてないなぁ
エギングではボウズなし(たいした数ではないですが)ので相性は良いかも(笑)
それにイカの透明感がなんとも癒されます


船に乗ればさらに大きなイカが釣れると聞いています
機会があればぜひチャレンジしてみたいものです


いつも釣れてくれる香港のアオリイカに感謝しなくちゃ


海はかなり透明度が高いです
ちなみにこれは以前紹介の携帯型赤外線水温計です


PR
Comment form
お名前
メールアドレス
URL
タイトル
コメント
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード
プロフィール
HN:
アンディ(大陸改め)
性別:
男性
自己紹介:
中国広東省深セン市在住(16年までは広州市)
かつては相当な釣りキチ少年でした。小、中学生時は学校を終えるといつも川へ行き、図画の授業はいつも魚の絵ばかり。高校大学はバスやヘラブナに。ところが中国に来てからは釣りとは疎遠になっていました。そんな自分が釣りを再開。それも中国で。

可能な限りおかっぱりで釣りをする事にこだわってます。いつも遊んでくれる魚たちに感謝しつつ、日本とは違う魚や環境、中国の釣道具に一喜一憂しながらも楽しんでいます。
好きな魚種はシーバス、アオリイカです
メールアドレス
tairiku55@■mail.com(■をgにおきかえてください)
≪近況≫
だいぶ涼しくなってきましたね、暑さは苦手なのでよい季節です
ブログ内検索
参加リンク
バーコード
  Copyright 2019 中国で釣り!!中国釣熱大陸 All rights reserved.
Template Design by LockHeart|powered by NINJA TOOLS 忍者ブログ [PR]