忍者ブログ

中国で釣り!!中国釣熱大陸

中国でヘタな釣りを楽しむ僕の記録。 出会った魚、ルアーや釣具紹介、釣行記など

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

挑戦!! 中国産ウォールアイ (後編)


                  挑戦!! 中国産ウォールアイ (前編) へ行く>    
                  挑戦!! 中国産ウォールアイ (中編) へ行く>


威海市内を観光しながらずっと今朝のウォールアイ釣りの事を考えていました

一匹釣れたとはいえバイトすら全然なかったのはどうか
午前中のバイブレーション中心のボトム直線引きには効果がないのか…

ネットで見たアメリカのウォールアイ、欧州のザンダーは
ミノーやバイブレーション、スプーンやスピナーに釣れているとありました
シーバス用ルアーで釣れたとか、バス用ルアーで代用できるとも
この山上湖であった地元アングラーは4人中3人がスプーン、他はミノー
(間違ってないはずだけどな…)


そんなこんなで16時、ふたたびこの山上湖に戻ってきました
水温24度で朝より3度ほど上昇、エサ釣り師もかなり増えています

今度は場所を少し換え、わりとオープンに開けた場所から入ります
目がかなりいいという事なので、ラインも1ランクダウン、0.6号のPEに1.5号のリーダーへ

朝と同じ方法で試すもノーバイト、リフト&フォールでもやっぱり反応なし
スプーンもやはりアタリなし
根がかりに大苦戦、すでに手持ちは8種しかルアーがありません

そういや、ベイトフィッシュもぜんぜん見かけないし、チェイスもみてない
彼らは何を食べているんだろう?
日没まであと1時間


そんな時、また根がかり
回り込んでもロッドをゆすっても外れません
またか…と思ってラインを切る体勢に入るとゆっくりと引いてこれます
よく見ると誰かが仕掛けた3mくらいの縦長の仕掛け網です

「こんなのまで下にあるのか…」

しぶしぶ少し水に入ってはずそうとすると、
後ろで大声がします
「不要移!」 (動かすな!)この仕掛け主らしい人がこちらへ走ってきます
彼いわく、魚も取れるが主にエビをこれで取っているとのこと
「ひょっとすると、ここのウォールアイは底のエビを食べてるのでは?」

手持ちルアーの残りから見て底エビを演出できそうなものは…
(これか、エコギアのワーム、グラスミノー)

こいつにラウンドジグヘッドを刺して、底ズル引き
着底させ、底を感じながら早めに巻いてきます
数投するも反応なしなので今度は超スローに、ときどきストップもいれてズル引きします

その一発目「プルプル」というアタリが
すかさずあわせると20センチちょっとのウォールアイです!
もう無抵抗すぎ
すぐに顔が出て、まるでルアー回収時のように水面をすべるように引いてこれました(笑)
「なんじゃこりゃ…」


有効パターンを見つけたり!と残り時間をずっとこれで投げます
ズル引きだけに2つほど根がかり損失しましたがワームなので損失も小さい
夜も釣れるとあったので日没後30分ほどもチャレンジ、アタリも急増
このあと2匹同程度のサイズを追加しました
これで今朝のとあわせて計4匹


「ここの正解はスローのズル引きだったのかー」

海外の情報や地元ルアーマンのパターンから
低層、ボトムのストレート系アクションを想定していたので遠回りしました
うーん、これだから釣りはおもしろい!


バスの最終が近い事に気がつき(実際は過ぎてました)あわてて釣り場を後に


今回は手持ちルアーがなかったのでエコギアパワーミノーを使いましたが、
カーリーテールやクローワームでも良いかもしれません
「ちゃんと釣れたけど、サイズが小さい、せめてもう少し大きいのが釣れたら…」
「明日の飛行機は午後、無理したら2時間くらいはやれるか」


いつまでたっても来ないバスを待ちながら(そりゃそうだ、最終出てますから)
予定してなかった最終日の数時間だけも釣りしてしまおうと考えたのでした



またまたすみません、次はラストです
最終日2時間の釣行で、僕は大失策をやらかしてしまいます
歓喜からの大転落、良い事のあとには悲劇がかならず待っているものです
ホント、ついてません


悲しい最終章となった挑戦!! 中国産ウォールアイ (結末編)へ行く>




釣れたウォールアイが小さいんじゃない、僕の顔がでかいんです!

PR
Comment form
お名前
メールアドレス
URL
タイトル
コメント
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード
プロフィール
HN:
アンディ(大陸改め)
性別:
男性
自己紹介:
中国広東省深セン市在住(16年までは広州市)
かつては相当な釣りキチ少年でした。小、中学生時は学校を終えるといつも川へ行き、図画の授業はいつも魚の絵ばかり。高校大学はバスやヘラブナに。ところが中国に来てからは釣りとは疎遠になっていました。そんな自分が釣りを再開。それも中国で。

可能な限りおかっぱりで釣りをする事にこだわってます。いつも遊んでくれる魚たちに感謝しつつ、日本とは違う魚や環境、中国の釣道具に一喜一憂しながらも楽しんでいます。
好きな魚種はシーバス、アオリイカです
メールアドレス
tairiku55@■mail.com(■をgにおきかえてください)
≪近況≫
だいぶ涼しくなってきましたね、暑さは苦手なのでよい季節です
ブログ内検索
参加リンク
バーコード
  Copyright 2019 中国で釣り!!中国釣熱大陸 All rights reserved.
Template Design by LockHeart|powered by NINJA TOOLS 忍者ブログ [PR]