忍者ブログ

中国で釣り!!中国釣熱大陸

中国でヘタな釣りを楽しむ僕の記録。 出会った魚、ルアーや釣具紹介、釣行記など

マズメ狙いも本命は出会えず



ルアーも届き、早速香港へ
友人と中華料理をとレストランへ入って会計でビックリの値段
香港ドルの手持ち少なく、しかたなく近くのオレトンへ
22時ころでしたがエサ釣り師、ルアーマンも数名

街中と違い海辺はかなりの風と寒さ、水温は13.2度の小潮
ビールを飲んでいたので一気にさめて寒さがこたえます
届いたばかりのルアーをひとつひとつ修正したりしていると、後ろから声が

いつもここへ来ている常連のトミー君でした
彼は友人と夕方からきてすでに数匹あげたとか

僕の持つ背負い式ネットに興味があるようでカチカチやりながら見たり、
「テンチョーはスゲーよ、オレセンで17匹挙げたんだって、マジ尊敬」
彼はいつもさらさらっと流して、釣れるところを重点的に攻めているようです
「また今度来るときは電話してよ」と明るく笑いながら帰っていきました

あまりに寒いので僕も地下鉄で一時撤収


寒いと人でごった返す繁華街もこのとおり閑散と
一度宿に戻ると前日の疲れもあって寒い外にでる気力が失せてしまい、就寝


4時に再び起床し夜間バスに乗車

戻ってきましたがエサ師も残っていて、空いた所を見つけて投げると一投目でいきなりヒットも、30cmくらいのチーバス君でエラ洗いでいとも簡単にバレました
その後は動きなく、少し明るくなってきたところでバリッドにヒット
いい加減もういいでしょというくらい暴れ、最後は壁に自分から頭をぶつけて気絶しネットイン


目が赤く光ってましたのでバラマンディかと思いましたが
あげてみるとターポンでちょっと残念
蘇生しないためエサ師にプレゼント、かわりに写真を撮ってくれました

明るくなってからは客船が入ってきて人も多いため
少しはなれたところで昨日できなかった分のルアーとエギの改良具合をテストして引き上げました

徹夜と違い寝ているので元気です
ひさしぶりにスクランブルエッグセットを食べようと澳洲牛奶公司の店に行くも


なんじゃこの行列は!そこまでの店だったのか!

いつも徹夜でやって翌日使い物になりませんでしたが、
今後はこんなマズメ狙いでもいいかな、という新しい可能性を感じました
翌日エギングなんかも出来そうですし(笑)


釣れてくれた魚と交流してくれたトミー君に感謝


.

PR
Comment form
お名前
メールアドレス
URL
タイトル
コメント
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード
無題
ターポンおめでとうございます。

素直に喜ぶべき魚種じゃないですか。

確かにバラと比べると嬉しくないかもしれませんが

見事奇麗なターポン。羨ましいかぎりです。

それにしてもシーバスちゃんはいずこへ?

早く戻ってきてほしいですね。
バイブ 2013/01/21(Mon)21:45:27 編集
Re:無題
>バイブさん
確かにファイトもすごくて興奮しました
はは、バラマンディを夢見てたので落胆しちゃいましたが
楽しませてくれました
見た目はフツーですがこの魚けっこう評価高いんですね
僕はてっきりボラ並の外道扱いかと思ってました
(味がよくないらしいので)
【2013/01/21 22:16】
ホントにシーバス好きなんですね!!!
大陸さん バイブさん

まいどです!!!
ホントお二人はシーバスが好きなんですね!!!
私ならターポン釣れたら目茶目茶興奮します!!!

私の場合は対象魚などないので
自然と遊び釣れるならなんでも嬉しいです!!!
皆さんの狙った獲物に対しての姿勢には乾杯です!!!

へっち~ 2013/01/22(Tue)23:18:41 編集
プロフィール
HN:
アンディ(大陸改め)
性別:
男性
自己紹介:
中国広東省深セン市在住(16年までは広州市)
かつては相当な釣りキチ少年でした。小、中学生時は学校を終えるといつも川へ行き、図画の授業はいつも魚の絵ばかり。高校大学はバスやヘラブナに。ところが中国に来てからは釣りとは疎遠になっていました。そんな自分が釣りを再開。それも中国で。

可能な限りおかっぱりで釣りをする事にこだわってます。いつも遊んでくれる魚たちに感謝しつつ、日本とは違う魚や環境、中国の釣道具に一喜一憂しながらも楽しんでいます。
好きな魚種はシーバス、アオリイカです
メールアドレス
tairiku55@■mail.com(■をgにおきかえてください)
≪近況≫
暑くなってきたら釣行減ってきます..
ブログ内検索
参加リンク
バーコード
  Copyright 2017 中国で釣り!!中国釣熱大陸 All rights reserved.
Template Design by LockHeart|powered by NINJA TOOLS 忍者ブログ [PR]