忍者ブログ

中国で釣り!!中国釣熱大陸

中国でヘタな釣りを楽しむ僕の記録。 出会った魚、ルアーや釣具紹介、釣行記など

ランガン用ランディングツール




前々からずっと欲しいなと思っていたランガン仕様のランディングツール


僕のように単独釣行中心で助けなし、一人で全てを完結する必要があり
1匹が大切になる今後の釣りでは掛けながらキャッチできない悔しさは避けたいものです
加えて、広大な釣り場をもっと効率よくランガンしたい
というような思いから、「背中に背負える式」のランディングツールをそろえました

ただし釣行先が遠く荷物をそれほど持てないという制限もあるため
コンパクトにそろえる必要がありました

そろえたのは下記4点

ランガン用ランディングアーム 2.5m 2500円
プロックス タモジョイント 2800円
四つ折式アルミフレーム枠45cm+網 40元
第一精工 ネオストラップ 1280円

安く安くを心がけていても、結局けっこうかかりました
特に一番高いのがジョイントって...


中国にいるかたはなんでタモの柄を日本で買ったものにするのか
現地で買ったら50-100元程度で安いのにと思うかもしれません
ですが、大きな問題が二つありました


1、小継タイプでカーボン仕様の軽い柄がない

釣具市場からネットショップまで散々探しましたが
仕舞い60cm未満でカーボン含有の軽いものがぜんぜんありません
あっても1.5mと使えない長さ

2、ネジ穴の問題

実はこっちのほうが大きな問題なのですが
日本のタモ網と中国のタモ網、大きな規格の違いはこれです
標準のネジ穴の大きさが違うのです
日本はM12、中国のものはおそらくM8です
どうしても使いたかったタモジョイントが使えないのです



タモジョイントは当然中国では売っていません
タモジョイントを使用するためには、フレーム枠と柄どちらもM12仕様にするしかなく
運良くフレームについては日本OEM品らしきM12の物を購入でき安く済ませられましたが
他は日本から買うことになってしまいました


各品寄せ集めでしたがキッチリセットできました
今後もっと高場所からも釣りをすることになれば柄を買い足せばすみそうです


背負ってみると網が背後へかなりふくらみ邪魔になりそうなため、



あまっていたシンカーで重りを作り、網が下方向へ下がりふくらみを抑えるように工夫





せっかくなのでお守りとして、尊敬する小沼プロのステッカーも貼っちゃいました



さぁ、あとひとつは今回トラブルから遅れて到着する新ロッド

これが揃いしだい、念願の海です



.

PR
Comment form
お名前
メールアドレス
URL
タイトル
コメント
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード
プロフィール
HN:
アンディ(大陸改め)
性別:
男性
自己紹介:
中国広東省深セン市在住(16年までは広州市)
かつては相当な釣りキチ少年でした。小、中学生時は学校を終えるといつも川へ行き、図画の授業はいつも魚の絵ばかり。高校大学はバスやヘラブナに。ところが中国に来てからは釣りとは疎遠になっていました。そんな自分が釣りを再開。それも中国で。

可能な限りおかっぱりで釣りをする事にこだわってます。いつも遊んでくれる魚たちに感謝しつつ、日本とは違う魚や環境、中国の釣道具に一喜一憂しながらも楽しんでいます。
好きな魚種はシーバス、アオリイカです
メールアドレス
tairiku55@■mail.com(■をgにおきかえてください)
≪近況≫
春節前多忙のため釣行少なめ中です
ブログ内検索
参加リンク
バーコード
  Copyright 2017 中国で釣り!!中国釣熱大陸 All rights reserved.
Template Design by LockHeart|powered by NINJA TOOLS 忍者ブログ [PR]